Reference Service Press賞に、健康情報奨励制度に関する研究と、チャットレファレンスにおける質問明確化に関する研究

米国図書館協会(ALA)のレファレンス・利用者サービス協会(RUSA)が、レファレンスサービス分野の優れた研究を表彰するレファレンスサービスプレス賞(Reference Service Press Award)が発表されています。この賞は、レファレンスサービスプレス社の後援により、RUSAの公式季刊誌である"Reference & User Services Quarterly"(RUSQ)に公表された論文のうち、特に優れたものに対して与えられるものです。

今回の受賞論文は、以下の2本とのことです。
“Promoting Consumer Health Literacy: Creation of a Health Information Librarian Fellowship”
ピッツバーグ公共図書館の健康情報の提供にサービスを充実化させる取組みについて経緯や効果、今後の発展可能性などについて考察しています。

“Are We Getting Warmer?: Query Clarification in Live Chat Virtual Reference”
Question Pointから抽出した850件のチャットレファレンスの交信記録を分析し、依頼者からの質問の明確化するために用いられている図書館のインタビュー技術を明らかにし、今後の品質向上のために研修で強調すべき点などについて指摘しています。

Ref.
RUSA Reference Service Press Award presented to research articles in consumer health literacy, service provision standards(ALA 2012/5/8付けプレスリリース)
http://www.ala.org/news/pr?id=10396

About Reference Service Press "The leading authority on scholarships"
http://www.rspfunding.com/aboutrsp_about.html

RSP Fellowships and Awards
http://www.rspfunding.com/aboutrsp_awards_awardlist.html

受賞論文
“Promoting Consumer Health Literacy: Creation of a Health Information Librarian Fellowship”
http://rusa.metapress.com/content/p76h9263h2224h26/?p=a71cf676406f42c3936ba236b49b9ce5&pi=10

“Are We Getting Warmer?: Query Clarification in Live Chat Virtual Reference”
http://rusa.metapress.com/content/h6u7779157427545/?p=d2adc011f2e34785900da02bb4cf9209&pi=0