カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

米Penguinグループ、OverDrive社との契約を打ち切り、電子書籍・オーディオブックの提供を終了

大手出版社Penguinグループが、2012年2月10日で米国の大手電子書籍ベンダーOverDrive社との契約を終了し、今後は同社への電子書籍及びオーディオブックの提供を停止すると報じられています。Penguinグループは、OverDrive社がAmazon社のKindleと連携したサービスを開始したことをきっかけとして、2011年11月に同社への新規タイトルの供給を中断しており、それに続く対応となります。今回の契約終了に対して、米国図書館協会(ALA)は2012年2月10日付けで声明を発表し、Penguinグループが再び図書館へ電子書籍を提供できるような解決策を模索してくれることを期待している等としています。

Penguin Group Terminating Its Contract with OverDrive (The Digital Shift 2012/2/9付け記事)
http://www.thedigitalshift.com/2012/02/ebooks/penguin-group-terminating-its-contract-with-overdrive/

ALA responds to Penguin's decision to discontinue digital media sales to libraries via Overdrive (ALA 2012/2/10付けプレスリリース)
http://www.ala.org/news/pr?id=9362

Penguin Severs Ties with OverDrive (Publishers Weekly 2012/2/9付け記事)
http://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/digital/content-and-e-books/article/50579-penguin-severs-ties-with-overdrive.html

Penguin Ends E-Book Library Lending And Relationship With OverDrive (paidContent 2012/2/9付け記事)
http://paidcontent.org/article/419-penguin-ends-relationship-with-overdrive-no-e-books-in-libraries-at-all/

Penguin halts e-books sales to libraries (Wall Street Journal 2012/2/9付け記事)
http://online.wsj.com/article/APe2bd603635d94c50b8611041869045f7.html

参考:
米国の大手出版社Penguinグループ、図書館への電子書籍提供を見直し
http://current.ndl.go.jp/node/19574