学術雑誌を電子版のみとするための課題と提言をまとめたレポート(英国)

英国の研究情報ネットワーク(RIN)は、英国において学術雑誌を電子版のみとするための課題と提言をまとめたレポート“E-only scholarly journals: overcoming the barriers”を公開しています。学術雑誌が電子版と紙版の両方で発行されていることにより、出版から利用までの各段階で余分なコストを発生させているとし、電子版のみに移行するための課題と、出版社・図書館等の関係者への提言をまとめたものです。最大の課題は、出版社の価格設定方針と電子ジャーナルへの付加価値税(VAT)に関連するものであるとしています。なお、この調査は、“Transitions in scholarly communications”と名付けられた、英国の様々な研究機関による学術情報に関する調査プロジェクトの一つとして行われたものです。

E-only scholarly journals: overcoming the barriers - report
http://www.rin.ac.uk/system/files/attachments/E-only_report_for_screen.pdf

Transitions in scholarly communications - a portfolio of research projects(プロジェクトの紹介)
http://www.rin.ac.uk/our-work/communicating-and-disseminating-research/transitions-scholarly-communications-portfolio-res

New Report: "E-only Scholarly Journals: Overcoming the Barriers" & "Transitions in Scholarly Communications - A Portfolio of Research Projects"(2010/11/29付けResourceshelfの記事)
http://web.resourceshelf.com/go/resourceblog/62235