メタデータの作成・流通・維持の新パラダイムを探るOCLC主催の出版社・図書館向けシンポジウム資料が公開

OCLCが主催し、2009年3月18日から19日にかけて開催された、出版社と図書館向けのシンポジウムの各種資料がネット上で公開されています。このシンポジウムの目的は「出版社のサプライチェーンと図書館におけるメタデータの作成・流通・維持の現状モデルの検討」と「メタデータの作成・流通・維持の新しいパラダイムの検討」であり、出版社と図書館など、複数のコミュニティが参加してメタデータのライフサイクルにかかわっていく将来を展望する内容となっています。

Report on OCLC's Symposium for Publishers and Libraries
http://www.oclc.org/publisher-symposium/summary/default.htm