E1962 - 「e-Gov法令検索」の公開:法令をもっと身近に

カレントアウェアネス-E

No.335 2017.10.19

 

 E1962

「e-Gov法令検索」の公開:法令をもっと身近に

 

 2017年6月,日本の現行法令について,オープンデータとして国民に法令データを提供する「e-Gov法令検索」が公開された。これは,政府の働き方改革の一環として,法令改正作業の合理化のため,総務省が開発し,2016年10月に本格運用を開始した「法制執務業務支援システム(e-LAWS;イーローズ)」という政府内のシステムに登録された法令データを,電子政府の総合窓口(e-Gov)を通じて,機械判読可能で二次利用に適した形式で公開したものである。e-LAWSは,法令案作成から法令データ公表までの一連の過程を電子化するプロジェクトであるが,本稿では,e-Gov法令検索で提供されるe-LAWSの法令データに焦点を当てて紹介する。

 これまでe-Govでは,2001年より「法令データ提供システム」として,国民に法令データが提供されていたが,今般のe-Gov法令検索の公開により,従来の法令データ提供システムは2017年10月2日をもって稼働を終了した。新たに公開されたe-Gov法令検索には,法令データの充実と,データの利活用の促進という二つの意義がある。

●各法令の担当府省が確認することによる法令データの充実

 従来の法令データ提供システムで提供されていた法令データは,総務省行政管理局が,約8,000法令(憲法,法律,政令,府省令等)を対象として,官報を基に,施行期日を迎えた一部改正法令等を被改正法令へ溶け込ます(改正前の条文に改正内容を反映させ,改正後の条文を作る)等の作業により独自に作成しており,データ更新は月一回程度に限られていた。

 一方,e-LAWSでは,正確な法令データベースを確立するため,各法令を担当する府省が,法令改正の度に改正内容を反映させた法令データ(条文のみならず,図表・様式類を含む)を確認し,登録する仕組みとなっている。したがって,e-Gov法令検索では,現在効力を有する約8,000法令について,初めて網羅的に各府省が内容確認した法令データが公開されたのである。各府省が官報を確認しながらe-LAWSへの登録作業を行うため,公布からe-Gov公開までのタイムラグは残るものの,随時データ更新が行われるようになった。

 また,法令データ提供システムでは提供されていなかった,登録申請様式等の法令中の図表・様式類について,1万ファイル以上が初めて提供されたほか,公布済で未施行の改正内容についても,改正後の全条文が提供されるなど,国民に提供される法令データが充実した。

●XML形式での提供によるデータの利活用の促進

 従来の法令データ提供システムでは,HTML形式でデータを提供しており,ブラウザに表示するための太字や字下げ等の情報はあるが,意味情報はもっていなかった。

 一方,e-Gov法令検索では,電子政府・オープンデータ推進につなげていくため,各府省が確認した法令データを,総務省にて,XML形式で整備し,国民に提供している。XMLは,法令構造の意味情報をもつ,機械判読に適したデータ形式であり,二次利用がしやすい。このXML形式のデータのルール(文法)は,現在効力を有する約8,000法令の文書構造を分析・検討し,「法令標準XMLスキーマ」として,有識者・民間法令出版社のレビュー及びパブリックコメントを経て策定されたものであり,Akoma Ntosoという国際的な「法令・議会情報のためのXMLスキーマ」(CA1839参照)にも変換が可能であることを確認している。

 e-Gov法令検索の公開にあたっては,バルクアクセスの提供のため,公布年ごとの法令XMLデータの一括ダウンロード機能を設けたほか,外部アプリケーションからデータを利活用しやすくするためのAPIも,総務省が開発し公開しており,利用者が必要な法令データを容易に入手できるようにしている。

●民間の力を活用して法令をもっと身近に

 オープンデータとしての法令XMLの用途は,最新法情報へのアクセスや法令データの加工のほか,他のデータベースへの組込や研究言語資源としての活用など,様々なものが想定される。つまり,e-Gov法令検索により提供されている法令XMLを,民間事業者や研究者が二次利用すれば,スキーマで定義されている法令構造等の意味情報を利用して,条文の改正履歴や用語の定義等を容易に解析できるほか,アプリ開発による法情報サービスの充実にもつながる。例えば,ユーザーのお気に入り法令について,最新の施行日情報や,法令の親子関係と改正履歴を提供するスマートフォンアプリ等が民間事業者によって開発され,国民に提供される日が近いかもしれない。このように,e-Gov法令検索で提供される法令データの利活用と多様な主体によるサービス提供が進めば,国民にとって,法令がより身近に,より便利に利用されることが期待される。

 さらに,法令標準XMLスキーマにより,法令XMLのデータ定義が標準化されたことから,将来的には,e-LAWSだけではなく,法令情報を電子データで提供している官報や日本法令の外国語訳等でも適用されるようになれば,法令データの連携が進み,法令データ公開の迅速化や利便性向上等の可能性が広がると考えられる。

総務省行政管理局・小泉美果

Ref:
http://elaws.e-gov.go.jp/
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01gyokan01_02000059.html
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01gyokan01_02000052.html
http://www.austlii.edu.au/cgi-bin/viewdoc/au/journals/JlLawInfoSci/2016/4.html?context=1;query=Applying%20the%20Akoma%20Ntoso%20XML%20Schema%20to%20Japanese%20Legislation
CA1839