E1162 - Googleブックス訴訟,米国連邦地裁は修正和解案を認めず

カレントアウェアネス-E

No.191 2011.04.07

 

 E1162

Googleブックス訴訟,米国連邦地裁は修正和解案を認めず

 

 Googleによる書籍のデジタル化プロジェクト「Googleブックス」をめぐっては,著作権侵害を訴えていた出版社協会・著者団体とGoogleとの間で2008年10月にまとめられた和解案(E857参照)に対し米国内外から多くの意見が寄せられたため,2009年11月に修正和解案(E991参照)が作成され,その修正和解案を裁判所が認めるかどうかが注目されていた(CA1702参照)。2010年2月に開催された修正和解案に関する公聴会から1年以上が経った2011年3月22日に,米国ニューヨーク南地区連邦地方裁判所のチン(Denny Chin)判事は,修正和解案を認めないという判断を示した。

 この訴訟はクラスアクション(集合代表訴訟)として争われていたため,和解案が成立するためには,その和解案が「公正(fair),適切(adequate),そして合理的(reasonable)」であると裁判所に認められる必要があるが,チン判事は,修正和解案はそうではないという判断を示した。判事は,書籍のデジタル化とユニバーサルなデジタル図書館の創設は多くの人に恩恵をもたらすであろうとしつつも,修正和解案ではGoogleに他の競争者に対する大きなアドバンテージを与えることになり,行き過ぎとなるであろう,と述べている。

 チン判事は,見解を示した文書において,和解案及び修正和解案に対して寄せられた反対意見のうち,「クラスアクションのメンバーへの通知」「クラスの代表性」「連邦民事訴訟規則の対象範囲」「著作権」「独占禁止」「プライバシー」「国際法」の7つの論点を取り上げ,それぞれについて見解を示している。その中で最もページ数が割かれているのは,「連邦民事訴訟規則の対象範囲」についてである。判事は,修正和解案を,(1) Googleの過去の著作権侵害行為に対する和解,(2) 将来の利益分配や将来の行為に対する免責,の2つの部分に分けて論じ,将来に関する部分は,裁判所がクラスアクションの手続きにおいて認め得る事項ではないとしている。そして,問題点として,(A) 孤児作品(orphan works)の扱い等は民間での合意よりも連邦議会で決定した方がよい事柄であり,外国の関心が高いことからも連邦議会に任せる方がよい,(B) そもそもの訴訟はGoogleによるスキャンと検索での書籍の一部(スニペット)の表示についての著作権侵害を問題としていたのであって,著作権のある作品の販売についてではなかった,(C) 職業作家と学術系著者では立場が異なるなど,原告はクラスアクションのメンバー全員の利害を代表しているわけではない,という点を指摘している。

 文書の結論部分で,チン判事は,和解の対象から外れたい人が名乗り出る「オプトアウト」方式ではなく,対象に入りたい人が名乗り出る「オプトイン」方式に変更することで多くの問題を改善できるとし,関係者に修正和解案の改訂を考慮するよう促している。そして,2011年4月25日に現状確認のための会議を裁判所で開催するとしている。

 この判断に対し,Macmillan社CEOのサージェント(John Sargent)氏は,出版社側を代表して,判事の見解に沿って和解案を見直すという意向を示している。米国作家協会(Authors Guild)会長のトゥロー(Scott Turow)氏は,裁判所の見解に沿った形の和解案に到達できるよう出版社側やGoogleと協議したい,との見解を示している。また,Googleの反応については,「この結果は残念であるが,裁判所の判断をレビューし今後のオプションを考えたい」との関係者のコメントが報道されている。この問題に詳しいニューヨーク法科大学院のグリメルマン(James Grimmelmann)氏は,今後の道筋として,(1) 上訴,(2) 新たな和解案,(3) 和解を断念し訴訟に復帰,の3つのシナリオを挙げ,このうち,新たな和解案というシナリオの可能性が高いのではないかとしている。

Ref:
http://www.nysd.uscourts.gov/cases/show.php?db=special&id=115
http://www.publishers.org/press/29/
http://www.authorsguild.org/advocacy/articles/scott-turow-on-google.html
http://news.yahoo.com/s/afp/20110322/tc_afp/usitcompanybooksinternetgoogle
http://laboratorium.net/archive/2011/03/22/inside_judge_chins_opinion
http://www.libraryjournal.com/lj/home/889864-264/with_google_settlement_rejected_library.html.csp
CA1702
E857
E991