American Archive of Public Broadcasting、テレビ番組「セサミストリート」のエピソード50年分をデジタル保存することを発表

米国議会図書館(LC)とボストンの公共放送局であるWGBHが共同で運営する、米国の公共放送の歴史的コレクションを提供するデータベース“American Archive of Public Broadcasting ”(AAPB)が、2019年2月14日付けのブログ記事において、米国のテレビ番組「セサミストリート」の50年分のエピソードをデジタル保存することを発表しました。

1969年11月10日の第1回放映以来、2019年で50周年を迎えることを記念して、同番組を制作するセサミ・ワークショップからAAPBに対し、デジタル化したエピソード過去50年分の寄贈が行われたことを承けてのものです。

2020年には放映開始からの49シーズン分、4,500回近くのエピソードがAAPBのアーカイブに加わり、LC館内、または予約すればボストンのWGBHでも閲覧できるようになるとあります。

歴史学者で“Sounding It Out: How Sesame Street Crafted American Culture”(近刊)の著者でもあるKathryn Ostrofsky氏は、記事の中で、セサミストリートの初期エピソードは当時の社会状況等を反映しており、今回保存されるセサミストリート・コレクションは社会変化を理解し学ぶ上で重要な資源である旨をコメントしています。

American Archive of Public Broadcasting to Preserve Fifty Years of Sesame Street for Posterity(AAPB , 2019/2/14)
https://americanarchivepb.wordpress.com/2019/02/14/american-archive-of-public-broadcasting-to-preserve-fifty-years-of-sesame-street-for-posterity/

American Archive of Public Broadcasting to Preserve 50 Years of Sesame Street for Posterity(LC, 2019/2/14)
https://www.loc.gov/item/prn-19-019/

参考:
American Archive of Public Broadcasting、公共メディア機関のための資料保存の技術的ガイド(Wikiサイト)を公開
Posted 2017年6月30日
http://current.ndl.go.jp/node/34278

米国の公共放送の歴史的コレクションデータベース“American Archive of Public Broadcasting ”の収録作品数が1万7千点に
Posted 2017年1月10日
http://current.ndl.go.jp/node/33222

CA1864 - 米国における放送アーカイブの現状 / 渡邉太郎
カレントアウェアネス No.326 2015年12月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1864