【イベント】KU-ORCAS キックオフセミナー「デジタル・アーカイブ化の先にあるものー新しい人文学研究のあり方をめぐってー」(9/22・東京、吹田)

2017年9月22日、関西大学東京センターと関西大学千里山キャンパスにおいて、「KU-ORCAS キックオフセミナー」が開催されます。

このセミナーは関西大学アジア・オープン・リサーチセンター(KU-ORCAS)の設立を記念したもので、テーマは「デジタル・アーカイブ化の先にあるものー新しい人文学研究のあり方をめぐってー」です。同センターは、デジタルアーカイブの構築を通して東アジア文化研究のオープン・プラットフォームの形成を目指しています。

セミナーは二会場同時開催で、二元中継されます。参加は無料で、事前申込が必要です。

講演 東京会場
永崎研宣(一般財団法人人文情報研究所 主席研究員)
「SAT 大蔵経テキストデータベース ー東アジア文化研究デジタルアーカイブのオープン・プラットフォームとしてー」
久永一郎(大日本印刷株式会社 C&I事業部コンサルティング本部IM&Sコンサルティング室室長)
「ルーヴル美術館・DNP 共同プロジェクト"Lonvrev-DNP Museum lab"鑑賞システムの開発プロセスと認知科学的実証(論文)の紹介」
「BnF(フランス国立図書館)所蔵 天球儀・地球儀の超高層細3次元計測の技術紹介」

講演 大阪会場
引原隆士(京都大学図書館機構長・附属図書館長)
「京都大学貴重資料デジタルアーカイブ-画像データのオープンアクセスと流通促進ー」
中谷伸生(関西大学 文学部教授)
「デジタル・アーカイブの一事例-大坂の淀川図巻をめぐって-」

【開催案内】「KU-ORCAS キックオフセミナー」の開催について(2017.9.22)(関西大学東西学術研究所, 2017/8/3)
http://www.kansai-u.ac.jp/Tozaiken/news/2017/08/ku-orcas2017922.html
http://www.kansai-u.ac.jp/Tozaiken/KU-ORCASセミナーチラシ.pdf
※2つ目のリンクはチラシです。

関西大学アジア・オープン・リサーチセンター(KU-ORCAS)
http://www.kansai-u.ac.jp/ku-orcas/

参考:
フランス国立図書館(BnF)と大日本印刷、BnF所蔵の地球儀・天球儀の3Dデジタル化プロジェクトで連携、“Gallica”での公開も予定
Posted 2015年7月8日
http://current.ndl.go.jp/node/28866

関西大学図書館、台湾国家図書館と中文古籍聯合目録における連携協定を締結
Posted 2017年8月7日
http://current.ndl.go.jp/node/34482