カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

Springer社、災害・防災に関する世界中の研究を特集したウェブサイト"Coping with Disaster"を開設:期間限定で論文を無料公開

2016年3月10日、Springer社は3月11日で東日本大震災から5年の節目となるに際し、 災害・防災に関する世界中の研究を網羅的に集めたウェブサイト""Coping with Disaster - Future Directions"を公開しました。

掲載されている論文は、2016年3月11日から4月29日までの期間限定ですべて無料公開されます。ウェブサイトでは、6つのテーマ(災害とその影響、災害への応急対応、復興、リスク管理、災害への備え、東日本大震災と福島の原子力災害)と16のトピックに分けて研究が紹介されています。

発表によると、特集されている出版物は、2011年以降に出版された論文から選定された160編、ジャーナルの特集号8点、オープンアクセス書籍を含む書籍140点以上です。

Coping with Disaster - Future Directions(Springer)
http://www.springer.com/jp/marketing/coping-with-disaster

東日本大震災から5年 災害・防災に関する研究を特集(シュプリンガー・ジャパン, 2016/3/10)
http://www.springer.com/jp/about-springer/media/press-releases/japan-press/news-from-tokyo/7819226

東日本大震災から5年 災害・防災に関する研究を特集 世界中の研究者による論文を無料公開(シュプリンガー・ジャパン, 2016/3/11)
http://www.springer.jp/news/20160311001238.php

参考:
オックスフォード大学出版局、福島第一原子力発電事故に関する学術論文30本を1年間無料でオンライン公開
Posted 2016年3月10日
http://current.ndl.go.jp/node/30976

シュプリンガー社、被災地域の研究者等に電子コンテンツのアクセスを提供
Posted 2011年4月1日
http://current.ndl.go.jp/node/17917