カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

Amazon.co.jp、記憶を学びに変え次世代に残し語り継ぐ<記憶の継承>プロジェクトを発足 3月10日から東日本大震災に関するコンテンツを順次無料公開

2016年3月1日、Amazon.co.jpが、記憶を学びに変え次世代に残し語り継ぐことを目的として、AudibleやKindleなどといった同社のプラットホームを使った、<記憶の継承>プロジェクトを発足させると発表しています。

Audibleでは、3月10日より、<記憶の継承>特設ページにて「16歳の語り部~インタビュー版~」をはじめとしたオーディオブックを順次無料で公開するとのことです。

<記憶の継承>特設ページでは、Kindleの『三陸・広田半島の漁師が伝えたいこと』『会社の枠を越えたウェブサイト復旧支援~東日本大震災時にAWSユーザーグループのメンバーはどう行動したか~』『陸前高田市消防団高田分団 震災から3か月後』『Amazonの社員は、何故4年間ボランティア活動を継続できたのか』といった電子書籍も無料公開予定のコンテンツとして紹介されています。

Amazon.co.jpが取り組む<記憶の継承プロジェクト>として「16歳の語り部~インタビュー版~」3月10日より無料公開(PR TIMES,2016/3/1)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000016852.html
※Audible, Inc.のプレスリリース

Amazon.co.jp「記憶の継承」プロジェクト
http://www.amazon.co.jp/gp/browse.html?node=4160115051

参考:
Google、東日本大震災の被災地の写真・動画等を集めた「未来へのキオク」を公開
Posted 2011年6月29日
http://current.ndl.go.jp/node/18544