カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

ケニア国立図書館サービス、農村部や低所得者層を対象に、国内の公共図書館46館に“e-resource centre”を設置

ケニア国立図書館サービス(Kenya National Library Service)が、同国の通信庁(Communications Auyhority of Kenya)の支援を受け、46の公共図書館に“e-resource centre”を設置するとのことです。

同プロジェクトは、情報資源が不足している農村部や、都会の低所得者層にコンピューターやインターネットへの接続環境を提供するもので、経済・社会の発展のために、地域社会での知識共有を促進することを目的とするものです。

また、視覚障害者用のコンピューターのソフトも備えられるとのことです。

センターでのサービス開始は、2016年5月を想定しているとのことです。

Kenya public libraries to host 46 new e-resource centres(EIFL,2016/2/25)
http://www.eifl.net/news/kenya-public-libraries-host-46-new-e-resource-centres