カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

デューク大学、オープンソースの次世代型図書館業務システム“Kuali OLE”の開発継続等のためアンドリューW.メロン財団から助成金を獲得

2016年2月4日、デューク大学が、アンドリューW.メロン財団から、オープンソースの次世代型図書館業務システム“Kuali OLE”の開発継続や採用機関の拡大のため116万5千ドルの助成金を得たと発表しています。

この助成金は、Kuali OLEの中心チームの技術能力を高めて、“Open Library Environment”(OLE)によるコード開発の次の段階を2017年末まで支えるもので、OLEが技術の基盤変化に対応し、それを採用することを可能にするとのことです。

また、開発パートナーである、デューク大学、コーネル大学、インディアナ大学、テキサスA&M大学、ノースカロライナ州立大学、メリーランド大学、ペンシルベニア大学、ビラノバ大学の各図書館で開発された機能等を考慮に入れているとのことです。

Mellon Grant Continues Support of Open-Source Library System(Duke University Library,2016/2/4)
http://blogs.library.duke.edu/blog/2016/02/04/mellon-grant-continues-support-of-open-source-library-system/

参考:
テキサスA&M大学図書館、Kuali OLEの開発パートナーに
Posted 2016年1月12日
http://current.ndl.go.jp/node/30416

米ヴィラノヴァ大学がオープンソースの次世代型図書館システム“Kuali OLE”の開発パートナーに
Posted 2012年6月28日
http://current.ndl.go.jp/node/21231

オープンソースの図書館システム“Kuali OLE”が88万ドルの追加助成を獲得: 2014年中にはバージョン2.0に
Posted 2014年3月6日
http://current.ndl.go.jp/node/25644

オープンソースの次世代型図書館システムを開発するKuali OLEプロジェクトが75万ドルの追加助成を獲得、2013年中にはシカゴ大学とリーハイ大学が初導入へ 
Posted 2013年1月28日
http://current.ndl.go.jp/node/22797

Kuali-OLEプロジェクトを主導するインディアナ大学にアンドリュー・メロン財団が助成
Posted 2010年1月13日
http://current.ndl.go.jp/node/15624