カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

国立国会図書館、書誌IDリストのオープンデータセットを公開

国立国会図書館(NDL)が、2015年11月17日、NDLが提供する書誌情報をより効果的に利用されるよう、各書誌情報を結びつけるキーとなる各種のIDをリスト化し、提供しました。

このリストは、次のIDを対象にしています。

・国立国会図書館の書誌ID(NDLBibID)
・全国書誌番号(JPNO)
・国際標準図書番号(ISBN)
・国立国会図書館で付与した永続的識別子(NDLJP)

このIDリストは、営利・非営利の目的を問わず、利用手続なしで自由に利用することができます。

また、このリストでは、例えば、[ISBN]から対応する[NDLBibID]を、[JPNO]から対応する[NDLJP]を調べることができます。それにより、「国立国会図書館サーチ」のAPIやオープンデータセットの「国立国会図書館デジタルコレクション書誌情報」を、効果的・効率的に活用することができます。また、[ISBN]をキーとして使えば、国立国会図書館の書誌情報と国立国会図書館以外が提供する書誌情報をマッピングさせることもできます。

「国立国会図書館のデータを使い尽くそうハッカソン」のご案内
8. 利用できるAPIなど(NDL Lab)
http://lab.ndl.go.jp/cms/?q=hack2015#api
※「書誌IDリスト NEW! 2015年11月17日に公開しました。」とあります。

書誌IDリスト(国立国会図書館)
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/standards/opendataset.html#ids

書誌IDリストについて(国立国会図書館)
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/standards/opendataset/aboutIDList.txt

国立国会図書館デジタルコレクション書誌情報(国立国会図書館)
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/standards/opendataset.html#opendataset01

参考:
【イベント】国立国会図書館(NDL)、「国立国会図書館のデータを使い尽くそうハッカソン」を開催(11/28-29・東京)
Posted 2015年10月15日
http://current.ndl.go.jp/node/29649