PeerJ機関版にカリフォルニア大学バークレー校とケンブリッジ大学が加入

2013年9月10日、生涯投稿料モデルのオープンアクセス誌“PeerJ”が、カリフォルニア大学バークレー校とケンブリッジ大学の2校について、新たに「機関版(Institute Arrangements)」に参加したと発表しました。これにより、PeerJでの論文発表を選択した2校の教員は、図書館の予算から自動で投稿料が支払われるとのことです。

なお、今回上記の2校が加入したことで、機関版参加機関は6機関となりました。

Newest PeerJ Institutional Arrangements - UC Berkeley and the University of Cambridge (PeerJ 2013/9/10付けの記事)
http://blog.peerj.com/post/60832905876/berkeley-and-cambridge-join