カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

米Library Copyright Alliance、マラケシュ条約のユーザーガイドを公表

2013年8月6日、米国図書館協会(ALA)、北米研究図書館協会(ARL)、大学・研究図書館協会(ACRL)から構成される“Library Copyright Alliance”(LCA)が、2013年6月に成立したマラケシュ条約“The Marrakesh Treaty to Facilitate Access to Published Works for Persons Who Are Blind, Visually Impaired, or Otherwise Print Disabled”に関するユーザーガイドを公表しました。

執筆者は知的財産やインターネット等の問題に詳しいJonathan Band氏で、ガイドには、概要や条文の解説、条約と米国とのかかわりについてまとめられています。

A USER GUIDE TO THE MARRAKESH TREATY (PDF)
http://www.librarycopyrightalliance.org/bm~doc/user-guide-marrakesh-treaty-060813.pdf

Library Copyright Alliance Releases User Guide to Marrakesh Treaty for Blind (ARL 2013/8/7付けの記事)
http://www.arl.org/news/arl-news/2856-library-copyright-alliance-releases-user-guide-to-marrakesh-treaty-for-blind

Library Copyright Alliance Releases User Guide to Marrakesh Treaty for Blind (infoDOCKET 2013/8/7付けの記事)
http://www.infodocket.com/2013/08/07/library-copyright-alliance-releases-user-guide-to-marrakesh-treaty-for-blind/

参考:
E1455 - 障害者のアクセス権と著作権の調和をはかるマラケシュ条約
http://current.ndl.go.jp/e1455