カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

NISO、OpenURLの品質向上に関する推奨基準を公表

米国情報標準化機構(NISO)が、2013年6月3日、OpenURLに関する新しい推奨基準“Improving OpenURLs Through Analytics (IOTA): Recommendations for Link Resolver Providers (NISO RP-21-2013)”を公表しています。NISOのIOTAワーキンググループでは、3年間にわたり、OpenURLの分析を行いその品質を評価する方法について研究をすすめてきており、今回の推奨基準はその成果に基づくものとのことです。

NISO Publishes Recommended Practice and Technical Report on Improving OpenURLs Through Analytics(NISO, 2013/6/3付け)
http://www.niso.org/news/pr/view?item_key=fe8b912cba59e733b9af26960fa9389fbb74b8db

NISO RP-21-2013, Improving OpenURLs Through Analytics (IOTA): Recommendations for Link Resolver Providers
http://www.niso.org/apps/group_public/download.php/10811/RP-21-2013_IOTA.pdf

NISO TR-05-2013, IOTA Working Group Summary of Activities and Outcomes
http://www.niso.org/apps/group_public/download.php/10801/TR-05-2013_IOTA.pdf

IOTA:Improving OpenURLs Through Analytics
http://www.niso.org/workrooms/openurlquality

参考:
E1271 - 電子情報資源管理に関する標準の現状とERMIデータ辞書の今後 カレントアウェアネス-E No.211 2012.03.08
http://current.ndl.go.jp/e1271