シンガポール、公共図書館の一部をオフィスとして提供

2013年5月9日、シンガポールのInfocomm Development Authority (IDA)が、オフィスへ行く代わりに自宅近くの公共スペースで働く労働形態を促進するイニシアティブ「Smart Work Centres Call-for-Proposal (SWC CFP)」を発表しました。Smart Work Centres(SWC)はオフィス環境にある機器を整え、様々な働き方に応じた職場環境を提供するとのことです。

このイニシアティブはシンガポールの国立図書館委員会(National Library Board:NLB)とPeople's Associationとの共同の取り組みで、この2機関から5か所の公共スペースが提供されるそうです。Jurong Regional図書館、 Geylang East公共図書館、Toa Payoh公共図書館、 Kampong Ubiコミュニティセンター、Kolam Ayer コミュニティクラブの一部が、有料で貸し出されます。

なお、このイニシアティブに興味のある企業等への説明会は5月15日に開催される予定となっており、さらなる詳細はそこで説明されるようです。

Smart Work Centres Coming To to The Heartlands Soon (IDA 2013/5/9付け)
https://www.ida.gov.sg/About-Us/Newsroom/Media-Releases/2013/Smart-Work-Centres-Coming-to-The-Heartlands-Soon

Call for Proposals for Smart Work Centres (IDA)
http://www.ida.gov.sg/Infocomm-Landscape/Infrastructure/Wired/Collaboration-Opportunities/Home-based-work-and-smart-work-centre

IDA
http://www.ida.gov.sg/

National Library Board
http://www.nlb.gov.sg/

People's Association
http://www.pa.gov.sg/