De Gruyter社、全てのオープンアクセスコンテンツにCC BY-NC-NDを採用

2013年2月14日、De Gruyter社が、同社の全てのオープンアクセスコンテンツに、クリエイティブコモンズのBY-NC-ND(表示-非営利-改変禁止)ライセンスを導入することを発表しました。

De Gruyter publiziert sämtliche Open Access-Inhalte unter liberaler Creative Commons-Lizenz(De Gruyter 2013/2/14付けニュース)
http://www.degruyter.com/dg/newsitem/59/de-gruyter-publiziert-smtliche-open-accessinhalte-unter-liberaler-creative-commonslizenz

De Gruyter opts for CC BY-NC-ND licence for OA - Research Information - http://www.researchinformation.info/news/news_story.php?news_id=1121

参考:
E1372 - 人文・社会科学系研究者のオープンアクセスに対する意識とは
http://current.ndl.go.jp/e1372

E1361 - そのジャーナルはどのくらい“オープン”か?
http://current.ndl.go.jp/e1361

Palgrave Macmillan社、図書およびPalgrave Pivot出版物にオープンアクセスオプションを導入
http://current.ndl.go.jp/node/22808

Nature Publishing Group、19タイトルの学術雑誌でCC BYライセンスを導入へ
http://current.ndl.go.jp/node/22276

Taylor & Francisがオープンアクセス誌でCC-BYライセンスを採用
http://current.ndl.go.jp/node/22168

IOP Publishingがオープンアクセス誌掲載論文およびメタデータにCC-BYライセンスを採用
http://current.ndl.go.jp/node/22167

Wileyがオープンアクセス誌でCC-BYライセンスを採用へ
http://current.ndl.go.jp/node/21618

Springer社が全てのオープンアクセスコンテンツでCC-BYライセンスを採用し商用利用が可能に
http://current.ndl.go.jp/node/19963