カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

東日本大震災アーカイブ「みちのく震録伝」、震災から1年後の宮城県内被災地を撮影した写真13,760枚をGoogle Earthで公開

東北大学災害科学国際研究所が、2012年2~3月に撮影した宮城県内被災地の写真のうち、13,760枚に位置情報を追加して、Google Earthで公開しました。これらの写真は、同研究所が東日本大震災アーカイブプロジェクト「みちのく震録伝」の一環で実施した、現地調査員(みちのく・いまをつたえ隊)による現地情報収集活動の過程で撮影されたものです。みちのく・いまをつたえ隊は現在も活動を継続中とのことです。

みちのく・いまをつたえ隊 フォトマップ(Google Earth)
http://michinoku.irides.tohoku.ac.jp/tsutaetai/MichinokuInfo.html

みちのく・いまをつたえ隊 フォトライブラリー
http://shinrokuden.irides.tohoku.ac.jp/tsutaetai/area

「情報収集活動員(みちのく・いまをつたえ隊)」が撮影した東日本大震災の一年後の記録をインターネット公開しました(東北大学 2012/11/2付けプレスリリース)
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2012/11/press20121102-01.html

参考:
東日本大震災アーカイブ「みちのく震録伝」が宮城県沿岸部におけるヒアリングや記録収集活動について報告
http://current.ndl.go.jp/node/21055

東日本大震災アーカイブプロジェクト「みちのく震録伝」が被災地の「残したい、伝えたい」情報の現地収集活動等を実施
http://current.ndl.go.jp/node/20154