グローバル文化遺産財団と英ダラム大学、シリアにおける文化財被害の現状報告書を公開

2012年5月21日に、途上国で危機的状況にある文化遺産の保護を行う国際団体のグローバル文化遺産財団(Global Heritage Fund)と、英国のダラム大学(Durham University)が、シリアにおける文化財被害の現状等をまとめたレポート“Damage to the Soul: Syria's Cultural Heritage in Conflict”を公開しました。レポート作成者は、財団フェローでダラム大学の博士課程学生であるEmma Cunliffe氏です。

レポートは2部構成となっており、第1部は、直接・間接的に文化財や文化遺産地域を破壊する、爆撃や銃撃戦、テロ等の様々な戦闘行為について報告しており、第2部は、シリアにある6つのユネスコの世界遺産を含む文化財の破壊の状況についてまとめているとのことです。

Damage to the soul Syria's Cultural Heritage in Conflict (PDF)
http://ghn.globalheritagefund.com/uploads/documents/document_2107.pdf

New Report on Damage to Syria’s Cultural Heritage (Global Heritage Network 2012/5/21付けの記事)
http://globalheritagenetwork.ning.com/profiles/blogs/new-report-on-damage-to-syria-s-cultural-heritage

Global Heritage Fund and Durham University Release Report on Syria’s Damaged Cultural Heritage Sites (Global Heritage Fund 2012/5/21付けの記事)
http://globalheritagefund.org/in_the_news/press_releases/global_heritage_fund_and_durham_university_release_report_on_syrias_damaged

参考:
ブルーシールド、シリアの文化財保護に関して2度目の声明
http://current.ndl.go.jp/node/20664

途上国の文化遺産保護のための“Global Heritage Network”
http://current.ndl.go.jp/node/17982