カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

米OverDrive社、ブラウザで動作するHTML5・EPUBベースの電子書籍ビューワー“OverDrive Read”デモサイトを公開

公共・学校図書館向けに電子書籍サービスを提供している米国のOverDrive社が、2012年5月30日に、ウェブブラウザ上で動作する電子書籍ビューワー“OverDrive Read”を2012年後半にリリースする予定であると発表しました。併せてデモサイトが公開されています。OverDrive Readは、HTML5やEPUBベースのビューワーで、3月に買収したオーストラリアの電子書籍サービス開発会社 “Booki.sh”の技術が生かされているようです。6月5日~7日にニューヨークで開催されるBook Expo Americaや、6月22日~25日にカリフォルニアで開催される米国図書館協会(ALA)年次大会でも関連した発表が行なわれます。

OverDrive Readのデモサイト
https://penelopiad-18893a.booki.sh/

OverDrive Introduces Browser-based eBook Reader(OverDrive 2012/5/30付けニュース)
http://www.overdrive.com/News/OverDrive-Introduces-Browser-based-eBook-Reader-

参考:
米OverDrive社、オーストラリアの電子書籍サービス開発会社Booki.shを買収
http://current.ndl.go.jp/node/20323