カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

国立国会図書館、デジタル化した博士論文1万5千点をインターネット公開

2012年5月15日、国立国会図書館(NDL)は、1991~2000年度に送付を受けた約14万点の博士論文をデジタル化し提供開始しました。そのうち、著者から許諾を得た約1万5千点についてはインターネットで公開しており、残り約12万6千点についてはNDL館内のみで利用できます。

また、5月28日には、NDL館内のみで提供していたデジタル化資料のうち、2011年に著作権保護期間が満了したものや著作権者の許諾が得られたもの等、約5万3千点の図書・古典籍をインターネットで公開します。

これらの公開により、NDLが提供するデジタル化資料の総数は200万点を超えます(うち、インターネット公開分は約40万点)。

博士論文約1万5千点をインターネット公開します(付・プレスリリース)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2012/1194690_1827.html

国立国会図書館のデジタル化資料
http://dl.ndl.go.jp/

インターネット公開分のリスト(CSV形式、Shift-JIS)
http://dl.ndl.go.jp/html-resources/etd_internet.csv

館内限定公開分のリスト(CSV形式、Shift-JIS)
http://dl.ndl.go.jp/html-resources/etd_kannai.zip

参考:
国立国会図書館の「近代デジタルライブラリー」が「国立国会図書館のデジタル化資料」と統合へ
http://current.ndl.go.jp/node/20640

国立国会図書館、明治16年の創刊号から昭和27年までの官報約2.1万点や、英語版官報約2千点(全号)等をインターネット公開
http://current.ndl.go.jp/node/20577