米国音楽図書館協会が、ディスカバリサービスにおいて音楽資料が持つ課題や要件等をまとめた文書を作成中

米国音楽図書館協会(Music Library Association:MLA)が、ディスカバリーサービスで楽譜や録音資料等の音楽資料を発見する際の課題や要件をまとめた“Music Discovery Requirements”という文書のドラフト(第2版)を2012年2月9日付けで公表しました。3月16日までコメントを募っており、次に作成される版が最終版になるとのことです。文書の概要部分では、図書等にはない音楽資料特有の事情として、異なるタイトルの多種多様なバージョンが存在することや、演奏に使われた楽器や歌手のような情報を含むこと等が挙げられています。同文書の作成グループによるブログも開設されており、そのリーダーを務めるイーストカロライナ大学のNara Newcomer氏が2月16日~19日に開催されたMLA年次大会で行ったプレゼンの資料も公開されています。

Music Discovery Requirements(PDF)
http://personal.ecu.edu/newcomern/musicdiscoveryrequirementsfeb92012.pdf

Appendix A. Compiled Details of Indexing and Display Requirements -
Index-Focused Version(Excel)
http://personal.ecu.edu/newcomern/musicdiscoveryrequirementsfeb92012appendixa.xls

Appendix B. Compiled Details of Indexing and Display Requirements - Tag-Focused Version(Excel)
http://personal.ecu.edu/newcomern/musicdiscoveryrequirementsfeb92012appendixb.xls

Appendix C. MARC Bibliographic Record Mapping for Content and Carrier
http://personal.ecu.edu/newcomern/musicdiscoveryrequirementsfeb92012appendixc.xls

Music Discovery Requirements(MLA年次大会プレゼン)
http://mla2012.musiclibraryassoc.org/program---mla-dallas-2012/handouts/MusicDiscoveryRequirements.pdf

Music Discovery Requirements
http://musicdiscoveryrequirements.blogspot.com/

Music Library Association
http://musiclibraryassoc.org/

参考:
E1159 - 米国音楽図書館協会第80回年次大会<報告>
http://current.ndl.go.jp/e1159

音楽図書館協会、音楽作品へのFRBR/FRAD/RDA適用に関するレポートを発表
http://current.ndl.go.jp/node/8780