カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

米国Amazon.com社、Kindleに図書館から電子書籍を借りられるサービスを開始へ

米国のAmazon.com社は、同社の電子書籍リーダーKindleに図書館から電子書籍を借りられるサービス“Kindle Library Lending”を開始すると発表しています。Kindleの専用端末でけでなく、スマートフォンやPC向けのKindleアプリでも読むことができるようです。電子書籍ベンダーのOverDrive社と提携し、全米11,000館以上の図書館で利用できるとのことです。プレスリリースでは、サービスの特徴として、「図書館で借りた本に書き込みができる」ことを挙げています。電子書籍への書き込みやアンダーラインは、他の人には見えず、同じ人が再度借りた時やその電子書籍を購入した際には再度見られるようになっているとのことです。

Amazon to Launch Library Lending for Kindle Books(Amazon.com 2011/4/20付けプレスリリース)
http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=176060&p=irol-newsArticle&ID=1552678&highlight=

図書館から Kindle に借りて読めるサービス発表、全米1万以上の図書館が参加(engadget日本版 2011/4/20付け記事)
http://japanese.engadget.com/2011/04/20/kindle-1/

Amazon、図書館から電子書籍を借りる「Kindle」用サービス(japan.internet.com 2011/4/21付け記事)
http://japan.internet.com/busnews/20110421/3.html

Amazon、Kindle書籍を1万以上の米図書館で貸し出すサービスを発表(IT mediaニュース 2011/4/21付け記事)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1104/21/news023.html

Kindle Library Lending and OverDrive – What it means for libraries and schools(OverDrive社のブログ Digital Library Blog 2011/4/20付けの記事)
http://overdriveblogs.com/library/2011/04/20/kindle-library-lending-and-overdrive-what-it-means-for-libraries-and-schools/