公共図書館を通じた無料のインターネット環境の提供がもたらす効果は大きいという調査報告書(ニュージーランド)

ニュージーランド国立図書館のウェブサイトで、ニュージーランド政府や国立図書館等による、公共図書館とその利用者に対して無料のブロードバンドのインターネット環境を提供するプロジェクト、“Aotearoa People’s Network Kaharoa (APNK)”の効果を調査した報告書が公開されています。それによると、APNKは、利用者の家計や雇用、教育等に与える効果は大きく、また一方で図書館利用者の増加にもつながっているようです。主な調査結果としては、APNK利用者の44%が職探しに役立ったと回答したり、47%がコンピュータースキルの向上に役立った等と回答しているようです。また、回答者の3分の2以上からAPNKが図書館サービスの中心とみなされていたり、APNKによって図書館利用者が平均30%増加したりしたとのことです。

Aoteroa People's Network Kaharoa: An Impact evaluation Final Report
http://www.natlib.govt.nz/downloads/APNKImpactEvaluationReportFinal.pdf

Free library internet service proves its worth (2011/2/8付け National Library of New Zealandの記事)
http://www.natlib.govt.nz/about-us/news/8-feb-2011-apnk-proves-worth?body_language=en

参考:
ニュージーランドの公共図書館へのブロードバンド提供プロジェクトがインターネットに関する賞を受賞
http://current.ndl.go.jp/node/16976