E313 - 公共図書館に求められる対応−英国下院の報告書

カレントアウェアネス-E

No.56 2005.04.06

 

 E313

公共図書館に求められる対応−英国下院の報告書

 

 英国下院の文化・メディア・スポーツ特別委員会は3月10日,“Public Libraries”と題した報告書を発表した。この報告書では,先に文化・メディア・スポーツ省(DCMS)が策定した「公共図書館のサービス基準」(E264参照)10項目が必ずしも実態に即していないことを指摘している。その上で,主に,読書の推進に向けた図書館の基本的な役割に注目し,図書館の中心機能と望ましい付加価値とを区別することが必要として,アクセシビリティ,法的・戦略的枠組み,図書館員の採用・育成,市民のネットワーク(People's Network)の維持管理などの面から,英国の公共図書館が緊急にとるべき行動について提言している。

 当報告書に対しては,博物館・図書館・文書館評議会(MLA)が,老朽化した公共図書館施設の建て替えの必要性や,公共図書館サービスの重要な部分を担うであろうインターネットの提供に言及した点などを例にとり,当報告書は「公共図書館の現状を正しく」指摘したものとして評価しているほか,図書館・情報専門家協会(CILIP)もサービス基準の強化や業務の改善を求める当報告書の内容を歓迎するなど,複数の機関からその内容を評価するコメントが寄せられている。

Ref:
http://www.parliament.the-stationery-office.co.uk/pa/cm200405/cmselect/cmcumeds/81/81i.pdf
http://www.nemlac.co.uk/nemlac/page.php3?337
http://www.mla.gov.uk/news/press_article.asp?articleid=783
http://www.cilip.org.uk/aboutcilip/newsandpressreleases/news050310.htm
E264