矢祭町、「読書の日」と「もったいない文庫」を制定

全国から寄贈された資料を元に「もったいない図書館」を運営している福島県矢祭町が、毎月第3日曜日を「矢祭町読書の日」と定め、町内25か所に設ける「もったいない文庫」での読書活動を推進する規則を制定しました。もったいない文庫には、寄贈された資料のうちから約400冊ずつが配置されるとのことです。

「矢祭町読書の日」制定に関する規則
http://www.town.yamatsuri.fukushima.jp/cgi-bin/odb-get.exe?WIT_template
=AC020004&WIT_oid=icityv2_004::Contents::1260

「矢祭もったいない文庫」概要
http://www.town.yamatsuri.fukushima.jp/cgi-bin/odb-get.exe?WIT_template
=AC020004&WIT_oid=icityv2_004::Contents::1261

矢祭もったいない文庫:図書館の寄贈本、集会所などに分冊−−開設式 /福島 - 毎日.jp
http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20071029ddlk07040155000c.html

なお矢祭町では既に資料の寄贈について辞退しており、代わりに寄贈を希望している自治体等を紹介しています。

「図書がほしい」自治体を紹介しています。
http://www.town.yamatsuri.fukushima.jp/cgi-bin/odb-get.exe?WIT_template
=AC020004&WIT_oid=icityv2_004::Contents::1239