「子どもと家庭の読書に関する報告書 第7版」のうち保護者・子どもの読書への態度・傾向を調査した報告書が公開(米国)

2019年3月14日、児童向けの出版・教育などを手掛ける米国のScholastic社が、隔年で実施している保護者と子どもの読書状況に関する全国調査の報告書 “Kids & Family Reading Report”の第7版のうち、保護者と子どもの読書に対する態度や傾向について調査した結果の報告書“FINDING THEIR STORY”を公表しました。

6歳から17歳までの子どもとその保護者1,040組と、0歳から5歳までの子どもの保護者678組を対象に2018年9月6日から10月4日にかけて実施された調査の結果です。

調査結果として以下の点等が紹介されています。

・頻繁(週に5日から7日)に読書をする子どもの割合が9歳を境に激減する。
・需要が高い児童書のテーマの多様性。
・本へのアクセスのしやすさ、読書活動のロールモデルの存在と子どもの読書頻度の間の類似性。

第7版ではすでに、子どもと一緒に声を出して読むことの普及と認知度向上に焦点を当てた報告書“THE RISE OF READ-ALOUD”を公開しており、今後、夏休みの読書(Summer Reading)をテーマにしたものを公開する予定です。

Scholastic Biennial Survey Reveals Young Readers Face Challenges in Finding Their Stories(Scholastic,2019/3/14)
http://mediaroom.scholastic.com/press-release/scholastic-biennial-survey-reveals-young-readers-face-challenges-finding-their-stories

FINDING THEIR STORY [PDF:38ページ]
https://www.scholastic.com/content/dam/KFRR/Downloads/KFRReport_Finding%20Their%20Story.pdf

KIDS & FAMILY READING REPORT 7th Edition
https://www.scholastic.com/readingreport/home.html

THE RISE OF READ-ALOUD [PDF:16ページ]
https://www.scholastic.com/content/dam/KFRR/TheRiseOfReadAloud/KFRR_The%20Rise%20of%20Read%20Aloud.pdf

参考:
子どもと家庭の読書に関する報告書の第6版が公開(米国)
Posted 2017年2月1日
http://current.ndl.go.jp/node/33372

E1108 - デジタル時代における子どもの読書の実態(米国)
カレントアウェアネス-E No.181 2010.10.21
http://current.ndl.go.jp/e1108

※タイトルと内容を修正しました(2019/4/8)