LODチャレンジJapan 2017の受賞作品が発表:データセット部門最優秀賞は「小倉百人一首LOD」

2018年2月22日、LODチャレンジ実行委員会がLODチャレンジJapan 2017の受賞作品を発表しました。
アプリケーション部門、データセット部門、アイディア部門、ビジュアライゼーション部門、基盤技術部門の5つの部門に加えて、テーマ賞、プラチナスポンサー賞、ゴールドスポンサー賞、パートナー賞の受賞作品が発表されました。

データセット部門最優秀賞には、千葉大学附属図書館の高橋菜奈子氏による「小倉百人一首LOD」が選ばれました。百人一首のデータをLOD化したもので、かるた遊びや坊主めくり等のゲーム作成に必要な情報をデータ化し、歌に詠まれた名所の位置情報や古典籍のオープンデータ等とリンクしています。また、テーマ賞のオープンサイエンス賞には京都府立図書館で勤務する司書による職場内学習グループししょまろはんによる「没年調査ソン」が選ばれています。

2018年3月10日には、慶應義塾大学にて開催される「LODチャレンジ2017シンポジウム-つながるオープンデータ最新事例大集合-」で授賞式および受賞作品のデモ展示が行われます。

【プレスリリース】Linked Open Data チャレンジ Japan 2017 受賞作品発表
http://lodc.jp/2015/concrete5/blog/2018-02-22

LODチャレンジ2017シンポジウム-つながるオープンデータ最新事例大集合-
https://lodc2017sympo.peatix.com/

小倉百人一首かるたデータ
http://idea.linkdata.org/idea/idea1s2398i

没年調査ソン
http://idea.linkdata.org/idea/idea1s2446i

参考:
E1789 - LODチャレンジ2015における「参加型オープンデータ」の推進
カレントアウェアネス-E No.302 2016.04.28
http://current.ndl.go.jp/e1789

E1847 - 没年調査ソン in 京都 Vol.1<報告>
カレントアウェアネス-E No.312 2016.10.06
http://current.ndl.go.jp/e1847