OpenAIRE、最新研究情報システム(CRIS)用のガイドラインの改定案を公開

2018年1月31日、OpenAIREが、2015年7月に公開した最新研究情報システム(CRIS)用のガイドラインの改定案(version 1.1)を公開し、2月28日まで意見を求めています。

同ガイドラインは、CRISとOpenAIREのインフラ間の相互運用性のためのレイヤーを規定するもので、改定案では、オープンアクセスリポジトリ連合(COAR)が管理する語彙にあわせ、またいくつかのリンクを追加することで、情報交換可能な研究情報を「特許」「イベント」に拡大させ、また、更新されたCRISのメタデータフォーマットCERIF/XMLが使用されています。

寄せられた意見を検討し、2018年3月に改定版が正式に公開される予定です。

OpenAIRE Guidelines for CRIS Managers updated (OpenAIRE,2018/1/31)
https://blogs.openaire.eu/?p=2793

OpenAIRE Guidelines for CRIS Managers
http://openaire-guidelines-for-cris-managers.readthedocs.io/en/latest/

参考:
E1791 - 欧州におけるCRISと機関リポジトリの連携の現状
カレントアウェアネス-E No.302 2016.04.28
http://current.ndl.go.jp/e1791