米・ニューヨーク公共図書館の改修基本計画が理事会に提出される

2017年11月15日、米・ニューヨーク公共図書館(NYPL)の中央館にあたるスティーブン・A・シュワルツマン図書館(Stephen A. Schwarzman Building)の改修基本計画が同館理事会に提出されました。

基本計画は、既に、同館のミッドマンハッタン分館の改修を手掛けている、オランダの図書館デザインを専門とする建築会社Mecanoo社と、ニューヨーク市で歴史的建造物を手掛ける建築会社Beyer Blinder Belle社が策定したもので、2018年から2021年までの期間に、3億1,700万ドルの費用で、研究・展示・教育プログラムのためのスペースを現在の建物から約20%増大させる計画です。

具体的には、事務室・倉庫・未活用スペースの公共スペースへの転換、新しい入口や最新の現代的なトイレ・カフェ・ショップの設置、高校生・大学生に蔵書や研究図書館の利用方法紹介する研究教育センターの開設、常設展示スペースの設置などがあげられています。

また、同館理事会では、現在の基本計画には含まれていないものの、自然光が入り、温湿度・防火の基準を満たしておらず、現在では研究文献の保存に適していない中央書庫についての調査・検討も、両社に依頼しています。

The New York Public Library Unveils Master Plan for Its Iconic Stephen A. Schwarzman Building(NYPL,2017/11/15)
https://www.nypl.org/press/press-release/november-15-2017/new-york-public-library-unveils-master-plan-its-iconic-stephen

参考:
E1462 - ニューヨーク公共図書館の改修計画をめぐって
カレントアウェアネス-E No.242 2013.08.08
http://current.ndl.go.jp/e1462

ニューヨーク公共図書館の改修計画、軌道修正へ
Posted 2014年5月8日
http://current.ndl.go.jp/node/26090