京都府立図書館、知的な交流の場「ナレッジベース」を試行開始

2017年9月20日、京都府立図書館が、多様な人々がお互いに学び合い、対話・議論を行うことができる場所の創設を目的として、「ナレッジベース」を設置し、試行開始したと発表しています。

NPOや自己学習グループ、大学のゼミなど、他の機関や団体との連携による交流を推進し、多くの人が集い、未来志向で議論し発表する場となるような、実験的な取り組みを開始するとのことです。

10月5日には、関連イベント(定員30名・先着順)も開催されます。

京都府立図書館 お知らせ
http://www.library.pref.kyoto.jp/
※「2017.09.20 知的な交流の場「ナレッジベース」の試行開始とトークイベントのお知らせ」とあります。

知的な交流の場「ナレッジベース」の試行開始とトークイベントのお知らせ(京都府立図書館)
http://www.library.pref.kyoto.jp/?p=11399

参考:
E1919 - 京都府立図書館における図書館協議会の設置とそのねらい
カレントアウェアネス-E No.326 2017.06.08
http://current.ndl.go.jp/e1919