国際図書館連盟(IFLA)、マラケシュ条約の発効に向けて声明を発表

2016年9月1日、国際図書館連盟(IFLA)は、9月30日に発効するマラケシュ条約について“One Step Forward, No Steps Back: National Ratification Needs to Respect the Objectives of the Treaty of Marrakesh”と題した声明を発表しました。

声明においてIFLAは世界知的所有権機構(WIPO)加盟国に対し、条約の批准を勧奨しており、アクセスの障壁をなくすというマラケシュ条約の趣旨を強調しています。

プリントディスアビリティの人々などが直面する「書物飢餓」(book famine)を解消すべく、市場でアクセシブルなフォーマットの作品も流通するよう政府は市場をチェックすべきであるといった点や、複製物を作成した際に著作権料の支払いを要求することはマラケシュ条約の精神に悖るものであることなどについて言及しています。

また、各国において、マラケシュ条約を適切に批准するためのステップをまとめたツールキットも公開されています。

One Step Forward, No Steps Back: National Ratification Needs to Respect the Objectives of the Treaty of Marrakesh(IFLA, 2016/9/1)
http://www.ifla.org/node/10846
http://www.ifla.org/files/assets/clm/statements/one_step_forward_statement.pdf
※2つ目のリンクは声明のPDFファイルです。

Getting Marrakesh Ratification Right – a Toolkit(IFLA)
http://www.ifla.org/files/assets/clm/statements/marrakesh_toolkit.pdf

関連:
Twitter(IFLA, 2016/9/2)
https://twitter.com/IFLA/status/771376770595622913

参考:
マラケシュ条約、2016年9月30日に発効:批准国が20か国に到達
Posted 2016年7月1日
http://current.ndl.go.jp/node/31944

CA1831 - マラケシュ条約―視覚障害者等への情報アクセスの保障に向けたWIPOの取り組み / 野村美佐子
カレントアウェアネス No.321 2014年9月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1831