カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

NTTデータ、スペインの貴重資料等を所管するPatrimonio Nacionalにおけるデジタルアーカイブ構築に関し、契約を締結

2016年1月27日、株式会社NTTデータとNTTデータのスペイン子会社であるeverisグループが、スペイン王室資産等の管理団体であるPatrimonio Nacionalと契約を締結し、デジタルアーカイブ事業に参画することを発表しました。事業期間は2016年1月から2018年1月まで、とのことです。

Patrimonio Nacionalは、スペイン王宮、修道院等の歴史的建造物や、歴史的・美術的価値の高い数多くの貴重なコレクション等を管理するスペインの国家機関です。この事業は、Patrimonio Nacionalが管轄するスペイン王室図書館をはじめとする複数の機関が個別に保有する500万以上の書誌や関連コンテンツ(アートワーク、地図、楽譜、写真、手書き原稿、ファイル等)の電子化データを、一元的に管理するデジタルアーカイブ(プラットフォーム)を構築するものとのことです。

なお、当面はPatrimonio Nacional内部での管理を目的とするものの、将来的には外部への公開も検討されているとのことです。また、システムは国内では秋田県立図書館などが使用している、NTTデータの「AMLADR」(アムラッド)が用いられるとのことです。

スペイン王室資産等のデジタルアーカイブ構築事業に参画(NTTデータ, 2016/1/27)
http://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2016/012700.html

Patrimonio Nacional
http://www.patrimonionacional.es/

Real Biblioteca del Palacio Real de Madrid
http://www.realbiblioteca.es/

AMLAD
http://www.amlad.jp/

参考:
バチカン図書館、所蔵する手稿をオンラインで順次公開
Posted 2014年10月21日
http://current.ndl.go.jp/node/27259

NTTデータ、バチカン図書館所蔵資料のデジタル化事業における契約を締結
Posted 2014年3月24日
http://current.ndl.go.jp/node/25743