カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

トロント公共図書館、利用者から読み終わった図書を買い取るパイロットプロジェクトを終了 作家からは大きな反発、成果は期待以下

2015年3月24日付けのToronto Star紙オンライン版で、カナダのトロント公共図書館が2014年12月から始めていた、利用者から読み終わった図書を5ドルで買い取るパイロットプロジェクトを2015年3月末で終了することが報じられています。

このパイロットプロジェクトは成人向けの小説で利用者の要望が多い図書について図書館がリストを作成・公開し、それらの図書を一律5ドルで利用者から買い取る、というものでした。利用者の貸出待ち時間の短縮や、予算の節約を目的とするものですが、著者の利益を侵害するとして作家等から大きな反発を受けていました。

トロント公共図書館のスタッフがまとめたレポートによれば、2015年2月末までにこのパイロットプロジェクトの下で購入された図書は127冊で、その処理にかかった人件費(2,246ドル)を考えると、通常の手順で図書を購入するよりも高くついていたとのことです。コレクション全体に対するプロジェクトによって購入された図書の割合もわずかで、Toronto Star紙はプロジェクトは期待に反する結果に終わったとする図書館員のコメントを紹介しています。

Toronto Public Library scraps used book buying program(Toronto Star、2015/3/24付け)
http://www.thestar.com/news/gta/2015/03/24/toronto-public-library-scraps-used-book-buying-program.html

Sell Books to the Library(Toronto Public Libary)
http://www.torontopubliclibrary.ca/support-us/sell-books.jsp

Sell Books to the Library Program Update(Toronto Public Library Staff Report、2015/3/23付け)
http://www.torontopubliclibrary.ca/content/about-the-library/pdfs/board/meetings/2015/mar23/15.pdf