カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

子どもが家庭での学習に利用するメディアとは(米国)

2014年1月24日、米国の非営利研究機関Joan Ganz Cooney Centerが、子どもの家庭学習におけるメディア利用に関する調査レポート("Learning at Home: Families’ Educational Media Use in America")を公開しました。

この調査は質問紙を用い、2013年6月28日から7月24日にかけて2~10歳の子どもを持つ親1,577組を対象に行われたものです。回答者の中には290組の黒人、682組のヒスパニック系も含まれています。テレビ、DVD、ビデオゲーム、図書、電子書籍、スマートフォン、タブレット端末等を、自宅で、家庭学習目的で子どもが利用した場合に限定して尋ねており、学校の宿題等のためにそれらを利用した場合は除外しています。

調査の結果わかった主な点として、以下等が挙げられています。

・子どもの1日あたりの読書時間の平均は40分で、そのうち29分が紙の本、8分がコンピューター画面、5分が電子書籍等を読んだ時間である。62%と過半数の子どもは電子書籍あるいはタブレット端末を利用したことがあるものの、読書に用いる子どもは少ない。これは親がデジタルよりも印刷媒体での読書を好んでいるためである。

・年齢が低いほど学習のためのメディア利用に割く時間が多い。2~4歳の子どもは1日あたり1時間16分をメディア利用にあてているのに対し、5~7歳は50分、8~10歳は42分にとどまる。

・学習に用いられるメディアの主流は未だにテレビである。子どもは平均して1日42分を教育的なテレビ番組の視聴にあてているのに対し、コンピューターやモバイル端末の学習目的での利用は平均5分、教育的なビデオゲームの利用は平均3分にとどまる。

Learning at Home: Families’ Educational Media Use in America
http://www.joanganzcooneycenter.org/wp-content/uploads/2014/01/jgcc_learningathome.pdf

Learning at Home: Families’ Educational Media Use in America(Joan Ganz Cooney Center、2014/1/24付け)
http://www.joanganzcooneycenter.org/publication/learning-at-home/

Parents Say Most Young Children’s Media Use is Educational, But Use of Learning Media Drops Sharply After Age 4(Joan Ganz Cooney Center、2014/1/24付け)
http://www.joanganzcooneycenter.org/press/parents-say-most-young-childrens-media-use-is-educational-but-use-of-learning-media-drops-sharply-after-age-4-2/

Interview with Vicky Rideout about Learning at Home Report(Joan Ganz Cooney Center Blog、2014/1/24付け)
http://www.joanganzcooneycenter.org/2014/01/24/interview-with-vicky-rideout-about-learning-at-home-report/

New Report: “Learning at Home: Families’ Educational Media Use in America”(LJ INFOdocket、2014/1/24付け)
http://www.infodocket.com/2014/01/24/new-report-learning-at-home-families-educational-media-use-in-america/