E2117 - スウェーデン王立図書館によるラボ設置のための調査報告書

カレントアウェアネス-E

No.365 2019.03.14

 

 E2117

スウェーデン王立図書館によるラボ設置のための調査報告書

 

●はじめに

 近年,主に海外の図書館において,館内にラボを設置する館が増えてきている。スウェーデン王立図書館(NLS)でも図書館ラボ設置のための検討が行われ,2018年にはNLSのラボ(以下「NLSラボ」)に求められる要件について委託調査を行った。その調査の報告書である“datalab.kb.se:A Report for the National Library of Sweden”(以下「報告書」)が,2018年10月,調査に携わったスウェーデンのウメオ大学教授Pelle Snickars氏の個人ウェブサイト上で公開された。章立ては,(1)欧米の国立図書館ラボの調査,(2)デジタル研究(Digital Scholarship),(3)NLSラボ設置のための推奨事項となっている。本稿では報告書の概要を紹介することで,図書館ラボに関する知見を深める材料としたい。

●図書館ラボの機能

 報告書では,図書館ラボの基本となる機能として,デジタルコレクションから作成したデータセットを研究者や利用者に提供し,データを活用した研究や取組を可能にすることを挙げている。機能を十分に発揮するには,データの適切なキュレーションや提供上の工夫が欠かせない。そのため(2)では,デジタル研究の諸分野を概観するとともに,データキュレーションの重要性,そしてデータセット提供に関するNLSラボへの推奨事項が述べられている。

●欧米の国立図書館ラボ

 (1)では,英国図書館(BL),オランダ王立図書館,米国議会図書館(LC),デンマーク王立図書館,オーストリア国立図書館,Europeanaのラボについて,設立年や組織上の位置付け,構成人員,取組の概要をまとめている。設立年を見るとBL(2013年)が最も早く,オランダ王立図書館とEuropeana(2014年),デンマーク王立図書館(2016年),LC(2017年),オーストリア国立図書館(2018年)と続く。ちなみに,国立国会図書館にもBLと同じ2013年にラボが設置されている。

 各館のラボの取組では,BLによる“BL Lab Competition”(CA1854参照)が興味深い。BLのデジタルコレクションとデータを用いた斬新なアイデアを募りコンテストを行うものであり,受賞者たちはBLの招聘研究者又は芸術家(researchers or artists in residence)となって,数か月の間BLのラボのメンバーとアイデア実現のために力を合わせる。オランダ王立図書館によるデジタル人文学の若手研究者招聘プログラム(Researcher-in-residence programme),LCのイノベーター招聘プログラム(innovator-in-residence)のように,外部有識者を対象とした滞在型プログラムが複数のラボで存在することは注目に値する。

●NLSラボのための推奨事項

 結論となる(3)では,資料デジタル化の進展とそれに伴う新しいデジタル研究の流行を背景に,国立図書館がデジタル研究に対応するための新しい基盤を必要としていることは明らかであるとする。その基盤としてNLSラボの設置を行うとともに,次の5点をラボの目的に据えるよう推奨している。国内のデジタル研究の基盤としての役割以外にも,館内のデジタル開発や人材育成への支援者としての役割が求められている。

  • 新しいアプリケーションや手法を用いてデジタル研究を支援すること
  • データセットのキュレーション,構築あるいは集約によりデジタル研究を支援すること
  • 研究アプリケーションの共同開発を支援し,積極的に参加すること
  • イノベーション・ハブとして,館内のデジタル開発事業を支援すること
  • 館内のスタッフが有するデジタル分野の知識を強化すること

 また,NLSラボの想定業務を踏まえた人員配置も提案している。ラボマネージャー,データキュレーター(又はデータライブラリアン),開発者という3人のスタッフは最低限必要であるとし,各スタッフに求められる要件を具体的に示している。例えば開発者に対しては,プログラミングとデータベース関連のスキル(RとPython)を求めており,機械学習とデータ視覚化に関する知識,図書館での勤務経験があればより望ましいとする。

●おわりに

 報告書の刊行後,2018年12月に,NLSはデータ駆動型研究のためのラボを設立すると発表した。2019年の春から業務を開始するとしており,今後どのような取組が行われるのか注視していきたい。

関西館図書館協力課・木下雅弘

Ref:
http://pellesnickars.se/2018/10/datalab-kb-se-a-report-for-the-national-library-of-sweden/
http://pellesnickars.se/wordpress/wp-content/uploads/2018/10/datalab.kb_.se_.pdf
https://lab.ndl.go.jp/cms/
https://blogs.bl.uk/digital-scholarship/2016/01/bl-labs-competition-and-awards-for-2016.html
https://www.kb.se/om-oss/nyheter/nyhetsarkiv/2018-12-20-kb-startar-labb-for-data-driven-forskning.html
CA1854