E197 - JISC,BL所蔵の録音資料を電子化

カレントアウェアネス-E

No.36 2004.05.19

 

 E197

JISC,BL所蔵の録音資料を電子化 

 

 英国情報システム合同委員会(JISC:CA1501参照)は,4月15日のプレスリリースで,英国図書館(BL)に所蔵されている約4,000時間相当の録音資料12,000点を電子化する計画を発表した。対象となる資料には,現在オンラインで入手できない音楽,ラジオ放送,オーラルヒストリーなどが含まれている。

 JISCは,2004年1月から2007年4月までの予定で,総額1,000万ポンドをかけて映像,絵画,19世紀の新聞雑誌,近代の人口統計などの電子化計画(Digitisation Programme)を行っている。この資金は,高等教育財政審議会(Higher Education Funding Council:HEFCE)から提供を受ける。

 録音資料の電子化はこの計画の一環であり,電子化した録音資料をオンラインで提供し,特に高等教育の分野における長期的な利用に供することを目的として,2004年4月から2006年9月までの間,100万ポンドを投入して進められる。

 録音資料の電子化について,BLのブリンドリー(Lynne Brindley)館長は,「録音資料は,教育分野ではこれまであまり活用されなかった資料。この計画によって,貴重な音源にアクセスする機会が増えることは喜ばしい。」と述べ,歓迎している。

Ref:
http://www.jisc.ac.uk/index.cfm?name=press_release_sound_archive_news_150404
http://www.netimperative.com/cmn/viewdoc.jsp?cat=all&docid=BEP1_News_0000064488
http://www.jisc.ac.uk/index.cfm?name=programme_digitisation
CA1501