E1290 - 100万冊に愛を込めて World Book Night 2012が開催

カレントアウェアネス-E

No.215 2012.05.24

 

 E1290

100万冊に愛を込めて World Book Night 2012が開催

 

 ユネスコの定める世界図書・著作権の日(E1168参照)である4月23日に,英国・アイルランド・ドイツ・米国で,大人のための読書振興イベントである「ワールド・ブック・ナイト2012」(World Book Night 2012)が開催された。

 ワールド・ブック・ナイトは,英国の独立系出版社Canongate Booksのビング(Jamie Byng)氏の発案によるイベントで,英国では,英国読書協会(Reading Agency)・英国出版社協会(Publishers' Association)・書籍販売協会(Booksellers Association)・図書館界等の協力のもと,読書愛好家のボランティアが自分の好きな本のうち1種類を24冊ずつ配るというものである。だが,本を配る対象が,普段読書に関心のない人あるいは読書に接するのが難しい人(服役者やホームレス,入院患者等)とされていることから分かるように,このイベントは,単に本を配ることを目的としたものではなく,読書家ならだれもが味わうであろう「恋に落ちるような」読書体験を伝えることを狙い,行われるものである。

 2011年は,『ハリー・ポッター』シリーズの作者ローリング(J. K. Rowling)氏を始めとする有名作家等の支援を受け,英国とアイルランドで初めて開催され,2012年の今年は米国とドイツでも実施された。

 イベント発祥の地である英国では,ベストセラー作家のシェバリエ(Tracy Chevalier)氏を委員長に,図書館員・書店・作家・メディア関係者等で構成される委員会が,配布対象の図書としてジェーン・オースティン(Jane Austen)の『高慢と偏見』やパウロ・コエーリョ(Paulo Coelho)の『アルケミスト』等の25タイトルを選考した。各タイトル4万冊の計100万冊が,2万人のボランティア等の協力を得て配られた。

 このイベントに英国図書館界も積極的に関わっている。ロンドンのウェストミンスター等の3つの地区では,図書館をアピールするために,ベストセラー作家のキンセラ(Sophie Kinsella)氏や地域の図書館員が公共図書館や高校等に巡回する2階建てバスに乗り込み,図書を配る活動が行われた。また,マンチェスター市立図書館では,人々の図書館に対する認識を変え,普段図書館を利用しない人を図書館に呼び込むために,インディーズのパンクバンドのライブが開催された。もちろん,参加バンドによる本を配るイベントも行われたという。その他,ウェールズの公共図書館では,地域の音楽家を招いた演奏会や地元作家による講演会等が開催された。

 今年初めて開催した米国では6,000近くの都市で50万冊の図書が配布された。配布対象の図書は,英国の配布図書とは異なり,米国の図書館員や書店員,出版関係者等によって独自に選ばれたもので,ヤングアダルトに人気のスーザン・コリンズ(Suzanne Collins)の『ハンガー・ゲーム』から,スティーブン・キング(Stephen King)の『ザ・スタンド』のような傑作に至るまで,幅広い年齢層を対象とした様々なジャンルの30タイトルであった。

 本は2万5,000人以上の様々なボランティアの手によって,色々な場所と方法で配られた。ニューヨーク市ブルックリンでは,児童書のデザイナーをしているあるボランティアの女性が,マスターがチャリティ活動を実施している行きつけのバーで,ジュノ・ディアス(Junot Diaz)の『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』を配っている。また,アラスカ湾にあるバラノフ島の学校図書館員は,「図書館員ならだれもが憧れる」というブックモービルを利用して,商店やバー,病院や港で,シャーマン・アレクシー(Sherman Alexie)の『はみだしインディアンのホントにホントの物語』を配り,ノースカンザスシティの学校では,あるボランティアが読書学習アシスタントとして認定されたセラピー犬とともに,ケイト・ディカミロ(Kate DiCamillo)の『きいてほしいの,あたしのこと:ウィン・ディキシーのいた夏』を配る活動を行ったという。

 「知的ハロウィーン」とも称されるワールド・ブック・ナイトが世界中に広まる活動になるか,今後の動向が注目される。

(関西館図書館協力課・菊池信彦)

Ref:
http://www.worldbooknight.org/
http://www.facebook.com/worldbooknight
http://blogs.culture.gov.uk/main/2012/04/celebrating_world_book_night.html
http://www.guardian.co.uk/uk/the-northerner/2012/apr/23/world-book-night-publishing
http://www.guardian.co.uk/books/2012/apr/23/world-book-night-stephen-fry-giveaway
http://newsfeed.time.com/2012/04/20/interview-how-to-give-away-one-million-books-in-one-night/
http://www.westminster.gov.uk/press-releases/2012-04/all-aboard-for-a-big-celebration-of-books-and-libr/
http://www.manchester.gov.uk/news/article/6265/indie_punks_make_a_big_noise_for_world_book_night_at_city_library
http://librarywales.org/blogs/marketing/?p=2297
http://www.us.worldbooknight.org/
http://www.facebook.com/worldbooknightusa
http://lj.libraryjournal.com/2012/04/industry-news/world-book-night-to-hand-out-half-a-million-free-books/
http://www.ala.org/news/pr?id=10151
http://www.usatoday.com/life/books/news/story/2012-04-23/world-book-night/54476188/1
E1168