和歌山市立博物館で特別展「お殿様の宝箱 南葵文庫と紀州徳川家伝来の美術」が開催中

2018年9月15日から10月21日まで、和歌山市立博物館において、特別展「お殿様の宝箱 南葵文庫と紀州徳川家伝来の美術」が開催中です。

紀州徳川家15代・徳川頼倫が創設した私設図書館「南葵文庫」の公開110年及び紀州徳川家初代・徳川頼宣の和歌山入国400年を記念して開催されるものです。

「南葵文庫」からは、蔵書目録、徳川慶喜直筆の「南葵文庫」の扁額、「南葵文庫写真帖」、南葵文庫の旧蔵資料、南葵文庫の月俸書等が展示されており、また、第16代当主徳川頼貞が収集し和歌山県立博物館等に寄託されている西洋音楽関連のコレクション「南葵音楽文庫」からもヴェートーベンの自筆楽譜等が展示されているほか、オークションで散逸してしまった紀州徳川家旧蔵の美術品や徳川頼倫旧蔵の写真資料等も展示されています。

[特別展]お殿様の宝箱 南葵文庫と紀州徳川家伝来の美術(和歌山市立図書館)
http://www.wakayama-city-museum.jp/exhibition-now.html

プレスリリース [PDF:4ページ]
http://www.wakayama-city-museum.jp/document/20180915-1021press.pdf

出品目録 [PDF:4ページ]
http://www.wakayama-city-museum.jp/document/2018a%20mokuroku.pdf

「南葵文庫」関連資料と散逸した紀州徳川家伝来の名品が集結 和歌山市立博物館で特別展(産経新聞,2018/9/16)
https://www.sankei.com/west/news/180916/wst1809160025-n1.html

参考:
E1970 - 紀州の殿様が残した南葵音楽文庫の保管と活用
カレントアウェアネス-E No.337 2017.11.16
http://current.ndl.go.jp/e1970