カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

ふくしま震災遺産保全プロジェクト アウトリーチ事業「震災遺産を考えるⅢ」明治大学セッション 震災遺産展「我暦(が)→ガレキ(れ)→我歴(き)」が開催中

2017年1月8日から2月5日まで、ふくしま震災遺産保全プロジェクト アウトリーチ事業「震災遺産を考えるⅢ」明治大学セッション 震災遺産展「我暦(が)→ガレキ(れ)→我歴(き)」が、明治大学駿河台キャンパスアカデミーコモン地階の明治大学博物館特別展示室で開催されています。

2014年から同プロジェクトで調査・保全を開始した、震災が産み出したモノやバショからなる「震災遺産」を展示するものです。

期間中には、多様な「震災遺産」を、最新技術MRによる3次元バーチャル映像で体験し、震災遺構が持つ意味やバショの記憶を考える機会とする「3Dデジタル震災遺構アーカイブ体験展示」(1月21日、22日、28日、29日、2月4日、5日)や、1月22日には、語り・アーカイブ・震災遺産等それぞれの立場で「ふくしまの経験」の継承に取り組む方を迎えて、活動や実践の意味や課題について検討するシンポジウム「ふくしまの経験を語る・伝える」が開催されます。

震災遺産展「「我暦(が)→ガレキ(れ)→我歴(き)」を開催(明治大学博物館)
https://www.meiji.ac.jp/museum/news/2016/6t5h7p00000mj0e3.html

震災遺産展にて「3Dデジタル震災遺構アーカイブ体験」展示を実施します(明治大学博物館)
https://www.meiji.ac.jp/museum/news/2016/6t5h7p00000mj0ft.html

シンポジウム「ふくしまの経験を語る・伝える」を開催します(明治大学博物館)
https://www.meiji.ac.jp/museum/news/2016/6t5h7p00000mj0ip.html

参考:
ふくしま震災遺産保全プロジェクトのアウトリーチ事業「震災遺産を考えるⅡ」の会津セッション「震災から5年を迎えて」として福島県立博物館で展示等が開催
Posted 2016年2月1日
http://current.ndl.go.jp/node/30588

【イベント】ふくしま震災遺産保全プロジェクト アウトリーチ事業 震災遺産を考えるⅡ いわきセッション「津波を科学する―そのメカニズムから防災まで―」(12/5-20・福島)
Posted 2015年12月9日
http://current.ndl.go.jp/node/30176

【イベント】ふくしま震災遺産保全プロジェクトによるアウトリーチ事業「震災遺産を考えるⅡ」展と福島大学による記念シンポジウムを福島大学のうつくしまふくしま未来支援センターで開催 (9/26-10/6・福島)
Posted 2015年9月14日
http://current.ndl.go.jp/node/29422

ふくしま震災遺産保全プロジェクト、アウトリーチ事業として「震災遺産を考える I」を実施
Posted 2015年2月23日
http://current.ndl.go.jp/node/28033