カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

LIS Newsが選ぶ2015年の図書館・図書館情報学関連の10大ニュース(米国)

2015年12月15日、図書館や図書館情報学に関するニュースを掲載している米国のブログLIS Newsが、同ブログが選ぶ2015年の10大ニュースを発表しています。

1.シャルリー・エブド襲撃事件

2.ビリントン氏の米国議会図書館長退任

3.3Dプリンターによるサービスが主流に

4.OCLCがカード目録の作成を中止

5.企業の合併・買収により、図書館に関係する出版社・アグリゲータ―・サービスプロバイダーの数が減少

6.Elsevier社が発行する言語学の雑誌‘Lingua’の編集委員が退任 新雑誌を発行

7.Googleブックスをめぐる著作権侵害訴訟の控訴審判決

8.ボストン公共図書館(貴重書亡失)、ニューオーリンズ公共図書館(資金流用)、オレゴン大学のアーキビスト(解雇)を巡るスキャンダル

9.オープンソースのテキストブックが成長

10.ハーパー・リーの『アラバマ物語』(原題:To Kill a Mockingbird)の続編“Go Set a Watchman”の出版

Ten Stories That Shaped 2015(LISNews,2015/12/15)
http://lisnews.org/ten_stories_that_shaped_2015

参考:
米国議会図書館(LC)の第13代館長・ビリントン氏が2015年9月30日をもって辞任
Posted 2015年9月28日
http://current.ndl.go.jp/node/29516

OCLC、カード目録の印刷業務を終える
Posted 2015年10月5日
http://current.ndl.go.jp/node/29571

Elsevier社の言語学雑誌‘Lingua’のオープンアクセスを巡り、同誌の編集者6名を含む編集委員全員が辞職し、新しい雑誌を立ち上げへ Elsevier社も声明を発表
Posted 2015年11月10日
http://current.ndl.go.jp/node/29927

連邦第二巡回区控訴裁判所、Googleブックスは著作権法に違反せずと判断
Posted 2015年10月19日
http://current.ndl.go.jp/node/29682