カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

インプレス、2014年度の日本の電子書籍市場は1,266億円と発表 2019年度には2,890億円に拡大と予測

2015年6月29日、株式会社インプレスは『電子書籍ビジネス調査報告書2015』を2015年7月30日に刊行することを発表しました。

この報告書は同社のシンクタンク部門、インプレス総合研究所の調査に基づくもので、ニュースリリースで結果の一部が公表されています。

同調査によれば、2014年度の電子書籍市場規模は推計1,266億円で、2013年度の936億円から330億円(35.3%)増加したとのことです。2019年度には2014年度の2.3倍の2,890億円程度になるとの予測が示されています。

また、2014年度の電子雑誌の市場規模は2013年度から88.3%増の推計145億円で、電子書籍と合算した2014年度の電子出版市場の規模は1,411億円と見積もられています。

2014年度の電子書籍市場規模は前年比35%増の1,266億円 2019年度は2,900億円規模へ成長と予測 『電子書籍ビジネス調査報告書2015』 7月30日発行(インプレス、2015/6/29付け)
http://www.impress.co.jp/newsrelease/2015/06/20150629-02.html

インプレス、「電子書籍ビジネス調査報告書」を7月30日発売、昨年の国内電子書籍市場規模は35%増の1,266億円(hon.jp DayWatch、2015/6/29付け)
http://hon.jp/news/1.0/0/6612/

参考:
インプレスビジネスメディア、2012年度の日本の電子書籍市場は729億円で、2017年度には2,400億円程度になると予測
Posted 2013年7月3日
http://current.ndl.go.jp/node/23857

インプレスR&D、2011年度の日本の電子書籍市場は629億円で、2016年度には2,000億円になると予測
Posted 2012年7月3日
http://current.ndl.go.jp/node/21281

インプレスR&D、日本の2010年度の電子書籍の市場規模は650億円との調査結果を発表
Posted 2011年7月8日
http://current.ndl.go.jp/node/18652