カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

公共図書館のない街に出現した「公共図書館」 秘密はQRコード(オーストリア)

大規模な公共図書館がないという、オーストリア南部のクラーゲンフルトに、QRコードを利用した「公共図書館」が誕生したようです。

これは、ジャーナリストのGerorg Holzer氏とソフトウェア開発者のBruno Hautzenberger氏によるプロジェクト“Project Ingeborg”で行われているものです。プロジェクトでは、約70枚のQRコードが記載されたステッカーを街角に貼り、それを利用者が携帯端末で読み取ることで、グーテンベルクプロジェクト等で提供されているパブリックドメインの電子書籍を無料でダウンロードできるようにするというものです。提供される電子書籍は、ステッカーの貼られている場所に関連した内容となっているとのことです。

Project Ingeborg
http://pingeb.org/

Austrian city builds public library with nothing but QR codes, NFC and stickers (Engadget 2012/7/10付けの記事)
http://www.engadget.com/2012/07/10/austrian-city-builds-public-library-with-qr-codes-nfc-stickers/

A public library that only uses QR codes (SmartPlanet 2012/7/11付けの記事)
http://www.smartplanet.com/blog/cities/a-public-library-that-only-uses-qr-codes/3905