2010年度カレントアウェアネス・ポータル利用者アンケートの結果

2010年7月から9月にかけて実施した、カレントアウェアネス・ポータル(CAポータル)の利用者アンケートには、261名の方からご回答をいただきました。多くの方にご協力をいただき、お礼を申し上げます。集計結果の概要を、以下に紹介いたします。

1.年代

30代の利用者が29.1%と最多ですが、広く各年代の方にご利用いただいています。

【年代についてのグラフ】

2.職業

図書館員の方が44.9%と半数近くを占めました。そのうち、大学図書館の方が23%で最も多くなっています。研究者・学生の方や、IT関連、出版・書店関連の方にもご利用いただいています。

【職業についてのグラフ】

3.CAポータルを知ったきっかけ

検索エンジンの検索結果からという方が27.6%と最も多くなっています。当館ホームページ、『カレントアウェアネス』などの刊行物、人づて、Twitter、など、いろいろなルートから知っていただいているようです。

【きっかけについてのグラフ】

4.利用頻度

28.4%の方に、ほぼ毎日ご利用いただいています。毎営業日に更新しているブログニュース「カレントアウェアネス-R」をご利用いただいていることが多いようです。

【利用頻度についてのグラフ】

5.主なアクセス方法(最も多いもの)

ポータルに直接アクセスされる方が31.8%と最多となっていますが、更新情報が自動で取得できるRSSや、2010年1月から開始したTwitterでの情報提供をご利用いただいている方も多くいらっしゃいます。(RSSについては「一覧」をご参照ください。)

【アクセス方法についてのグラフ】

6.業務等への役立ち度

業務等に役立っているかどうかを「はい」「いいえ」で尋ねたところ、全回答者の73.6%の方が「はい」との回答でした。職業別に見ると、図書館員(全体)では87.2%で、公共図書館員は80.8%、大学図書館員は95.0%、研究者では87.5%でした。どのように業務に役立っているかを尋ねる自由記述欄では、「情報収集」という回答が多く、その他にも、「教材に」「研究の資料に」「レポートの準備に」「調査の指針に」などの回答がありました。

【役立ち度についてのグラフ】

7.満足度

全般的な満足度では、「満足」と「やや満足」を合わせると、93.5%となりました。

【満足度についてのグラフ】

8.自由記述

自由記述としてお尋ねした、追加してほしい機能やその他のご意見欄でも、改善希望点なども含め、多くのご意見・ご感想をいただきました。いただいた意見を参考とさせていただき、今後の業務に活かしていきたいと考えています。


ご意見などがありましたら、随時、chojo@ndl.go.jpまでお寄せください。(@は半角に直してください。)