OAPEN-UK、人文・社会科学研究者のモノグラフの利用について調査結果を発表

人文・社会科学系学術論文のオープンアクセス(OA)についてのエビデンス調査を進めている英国のOAPEN-UKが、人文・社会科学研究者にとってのモノグラフの役割について、読者・著者両方の観点から調査した結果を公表しています。英国高等教育助成会議(HEFCE)のopen access and monographs projectと共同して、出版に関する問題、読書の傾向、OAに対する考え等について調査したとのことです。

Researcher survey 2014: Survey of use of monographs by academics – as authors and readers (OAPEN-UK)
http://oapen-uk.jiscebooks.org/research-findings/researcher-survey-2014/

Researcher survey 2014 (OAPEN-UK)(PDF:20ページ)
http://oapen-uk.jiscebooks.org/files/2012/02/OAPEN-UK-researcher-survey-final.pdf

Open access and monographs (HEFCE)
http://www.hefce.ac.uk/whatwedo/rsrch/rinfrastruct/oa/monographs/

参考:
OAPEN-UK、人文・社会科学研究者のためのクリエイティブ・コモンズガイドを公開
Posted 2013年7月8日
http://current.ndl.go.jp/node/23884

E1372 - 人文・社会科学系研究者のオープンアクセスに対する意識とは
No.228 2012.12.13
http://current.ndl.go.jp/e1372