DryadとDANS、研究データの長期保存とアクセシビリティの保証で協同

2017年7月12日、データリポジトリのDryadと、オランダの学術情報の収集・提供機関であるData Archiving and Networked Services(DANS)は、研究データの長期保存とアクセシビリティの保証に共同で取り組むことを発表しました。

Dryad Digital Repositoryには、5万人以上の研究者の、1万5,000を超えるデータパッケージと5万を超えるファイルが収録されていますが、これらはDANSのアーカイブに定期的にバックアップされます。DANSはDryadの後継アーカイブとしても機能し、DryadのDOIの発見可能性を維持し続けます。メタデータについては、DANSのオンライン・アーカイビング・システムEASYから利用可能です。

Dryad and DANS partner for long-term preservation of rich research data repository(Dryad, 2017/7/12)
http://wiki.datadryad.org/images/2/29/Dryad-DANS_Announcement.pdf

EASY
https://easy.dans.knaw.nl/ui/home

参考:
DANSとMendeley、データアーカイブで協同
Posted 2015年10月26日
http://current.ndl.go.jp/node/29762

CA1818 - 研究データ共有時代における図書館の新たな役割:研究データマネジメントとデータキュレーション / 池内有為
カレントアウェアネス No.319 2014年3月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1818

E1850 - THORプロジェクト報告書:分野別データベースへのORCID統合
カレントアウェアネス-E No.313 2016.10.20
http://current.ndl.go.jp/e1850