書誌情報

CA1057 - KORMARC 開発から普及へ(1) / 大和田孝志

はじめに韓国国立中央図書館(以下NCL)は「国家代表図書館」(図書館及び読書振興法第15条)として,業務の電算化を通じ全国図書館ネットワークの形成に責任を負っている。その要となるのがKORMARC(韓国名:韓国文献自動化目録法)の開発である。この小稿は,呉東根(注1),申惠淑(注2…

CA1015 - スペインの大学図書館における目録の機械化 / 蛭田顕子

スペインにおける図書館の機械化は,1990年代に入り大学図書館を中心に急速に進展した。それは,他の図書館に先駆けて行った機械管理システムの設置,大学図書館ネットワークの創設,書誌情報の整備によるが,それでも,今はまだシステムの内容の充実よりは量的拡大の方を重視している段…

CA1010 - NDIS:オーストラリア・ニュージーランドの次世代図書館ネットワーク / 中島薫

オーストラリア国立図書館(NLA)が運営する国内最大のオンライン書誌情報ネットワークであるABN(Australian Bibliographic Network)が,新しいシステムに置き換えられる。このシステムはニュージーランド国立図書館との共同事業として開発中で,ABNだけでなく,NLAの検索サービスであるOzline,およ…

CA999 - ヨーロッパ古刊本データベース / 山岡規雄

ヨーロッパ研究図書館協会(CERL)による古刊本データベース構築の動きが本格化してきている。1992年1月のミュンヘンでの会議において,全ヨーロッパ的な古刊本データベースの作成について合意が成立し,1994年初頭のリスボンでの会議においては,ホスト・データベースの提供者として米国研…

CA922 - 目次情報の記録による書誌情報充実を / 横山幸雄

書誌情報の検索手段がカード目録・冊子体目録からOPACやCD-PACに移行するにつれ,以前は検索対象として考慮すらされなかった書誌的要素が,検索システムの性能次第で,書名や著者名と同様に検索可能となってきている。従来から行われている内容注記も,その範囲拡大,インデックス処理に対…

CA892 - 電子雑誌の目録法 / 稲濱みのる

紙を媒体にしない電子出版物のなかにはコンピュータに情報を直接に入力,編集し,オンラインで出版,提供され,号を重ねる電子雑誌がある(CA889参照)。電子雑誌の本体はコンピュータに入力された情報であって,それ自身は物理的実体をもたない。図書館は電子雑誌を物理的に所有するこ…

CA847 - LCがコピーカタロギング・セミナー開催 / 串田賢一

去る6月15日と16日の2日間,米国議会図書館(LC)でコピーカタロギング・セミナーが開かれた。セミナーにはLCの職員のほかに,OCLCやコロンビア,ハーバード,イェール,オハイオ州立の各大学図書館から招かれたゲストも参加し,LCにおけるコピーカタロギングの今後のあり方をめぐって活発な…

CA811 - BLがWhitaker社にCIP作成を委託 / 太田かおる

英国図書館(BL)は昨年3月末でCIP(Cataloguing In Publication:出版前の図書の目録情報)データの内部作成を打ち切り,4月からBook Data社が暫定的に作成業務を受託していたが(CA739参照),1992年からはWhitaker社が業務を引き継ぎ,CIPデータの提供を開始した。出版量次第だが,今年中に30,000件以上のCI…

CA756 - LCがコピー・カタロギング / 横山幸雄

米国議会図書館(LC)が,滞貨資料処理のため,コピー・カタロギングを行うことになった。といっても,カレントの資料全てに対して行うのではなく,3年以上整理待ちとなっている英語,フランス語,又はスペイン語の単行図書,あるいは録音資料が対象である。その方法は以下のとおり。(1)…

E157 - BL,英Amazonに書誌レコードを提供

Amazonの書籍目録へBLレコードが追加されたことによって,同社のサイトでは古書の検索が可能となり,また,書籍目録を利用して同社が行っているマーケットプレイスという図書等の売買仲介サービスで扱うことのできる図書の範囲が拡大されたという。Ref: http://www.bl.uk/cgi-bin/press.cgi?story=1391http:/

ページ