日本情報

E2068 - 日本学多巻資料の総目次・索引電子化プロジェクト

「日本学多巻資料の総目次・索引電子化プロジェクト」は,北米で所蔵している多巻資料(全集,雑誌などの復刻版やマイクロフィルムなど)約150セット分の索引や総目次を電子化したプロジェクトである。データは米・ワシントン大学図書館のリポジトリResearchWorksに収録し,セット毎のURIを各多巻資料のOCLC書誌データに加えた。OCLC書誌データはWorldCatで世界中どこからでも見ることができるので,電子化対象にした多巻資料の索引や総目次は日本の図書館や研究者にも利用してもらうことが可能である。

美術図書館連絡会(ALC)、「美術図書館横断検索」の日英2か国語対応を開始

2018年10月22日、国内美術図書館のコンソーシアムである美術図書館連絡会(ALC)が、「美術図書館横断検索」の日英2か国語対応を開始しました。

The search interface is now available in English and Japanese. ウェブサイトが日英2か国語対応になりました(ALC, 2018/10/22)
http://d.hatena.ne.jp/ALCopac/20181022/1540173970

美術図書館横断検索
https://alc.opac.jp/

参考:
美術図書館連絡会(ALC)、「美術図書館横断検索」をリニューアル
Posted 2018年4月2日
http://current.ndl.go.jp/node/35785

米・カリフォルニア大学バークレー校図書館、日系アメリカ人収容所関係資料デジタル化プロジェクトの完了を発表

米・カリフォルニア大学バークレー校図書館のバンクロフト図書館は、2018年10月4日の同館ウェブサイトの記事で、日系アメリカ人収容所関係資料のデジタル化プロジェクト“Japanese American Internment Sites: A Digital Archive”の完了と同プロジェクトによりデジタル化した資料の公開を発表しました。

国立公園局(National Park Service)の“Japanese American Confinement Sites Grant Program”から助成を受けたプロジェクトであり、同館が所蔵する日系アメリカ人立退・再定住に関する記録類等がデジタル化されました。

同館では、“Japanese American Confinement Sites Grant Program”の助成を受けて過去にも日系アメリカ人収容所関係資料のデジタル化プロジェクトを実施しています。今回のプロジェクトを含め、これまでの成果は同館のデジタルアーカイブ“The Japanese American Evacuation and Resettlement: A Digital Archive”で紹介されています。

米・メリーランド大学ホーンベイク図書館、ゴードン W. プランゲ文庫企画展示「Crossing the Divide: An American Dream Made in Occupied Japan, 1945-1952」を開催

米・メリーランド大学ホーンベイク図書館において、同大学のゴードン W. プランゲ文庫の企画展示「Crossing the Divide: An American Dream Made in Occupied Japan, 1945-1952」が、2018年10月から2019年7月まで開催されます。

占領下の日本に派遣された米軍や民間人のコミュニティーと日本人との間の交流や、周辺都市における両者が接触する主な「コンタクト・ゾーン」に焦点を当てた展示です。

オープニングレセプションが10月19日に開催されます。

CA1936 - 全国遺跡報告総覧における学術情報流通と活用の取り組み / 高田祐一

独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所(以下、奈文研)は、発掘調査報告書を中心に文化財報告書(以下、報告書)を全文電子化しインターネット上で検索・閲覧できるようにした「全国遺跡報告総覧」(1)(以下、遺跡総覧)を2015年6月から運営している(図1)。2017年度は年間約100万件のダウンロードがあり、活発に利用されている。島根大学附属図書館を中心とした国立大学、地方公共団体(以下、地公体)・博物館・学会等と共同推進している事業である。これまでの経緯やメリットは拙稿(E1700参照)を参照願いたい。

ドイツのアジア学に関するポータルサイト“CrossAsia”、ベルリン国立図書館所蔵「大塚文庫」を紹介するページを公開

2018年9月3日、ドイツのアジア学に関するポータルサイト“CrossAsia”が、ベルリン国立図書館(Staatsbibliothek zu Berlin)が所蔵する一橋大学名誉教授・大塚金之助氏の旧蔵書「大塚文庫」を紹介するページを公開しました。

「大塚文庫」は、和書約4,600タイトル、洋書約140タイトル、雑誌約150種からなるコレクションで、1962年から1986年にかけて、大塚氏自身及びその夫人により、ドイツ民主共和国国立図書館(当時。現・ベルリン国立図書館。)に寄贈された、和書を中心とした同氏の蔵書から構成されます。

“CrossAsia”は、ベルリン国立図書館が作成し、独・ハイデルベルク大学南アジア研究所及びハイデルベルグ大学図書館と共同で運営されています。

Neues Themenportal zur “Bibliothek Otsuka”(CrossAsia,2018/9/3)
https://blog.crossasia.org/neues-themenportal-zur-bibliothek-otsuka/

東亜図書館協会(CEAL)、新しいウェブサイトのBeta版を公開

2018年9月14日、東亜図書館協会(CEAL)の図書館技術委員会(Library Technology Committee)が、CEALの新しいウェブサイトのBeta版を公開し、意見を求めています。

WordPressで作成されており、ドロップダウンによるナビゲーションバーの設置、レスポンシブ対応、デザインの統一、画像・写真の掲載増、年次総会資料の集約、等が行われていますが、Beta版には一部コンテンツのみ掲載されています。

新しいウェブサイトの正式公開は2019年です。

We need your feedback - Beta version of New CEAL website now available! (CEAL,2018/9/14)
http://cealnews.blogspot.com/2018/09/we-need-your-feedback-beta-version-of.html

【イベント】アート・ドキュメンテーション学会第11回秋季研究集会(10/13・東京)

2018年10月13日、東京都文京区のお茶の水女子大学で、アート・ドキュメンテーション学会(JADS)第11回秋季研究集会が開催されます。

9件の研究発表に加え、お茶の水女子大学歴史資料館及び同大学附属図書館の見学会、大学資料整理についての講演が行われます。参加費は正会員が1,000円、非会員が1,500円です。定員は120人で、申込みが必要です。

内容は次のとおりです。

発表1:酒井晶氏(東京国立博物館)
アート・ドキュメンテーションにおける“弁当型”検索の親和性と展望

発表2:黒澤美子氏(公益財団法人石橋財団ブリヂストン美術館学芸課司書)
石橋財団アートリサーチセンターライブラリーの取り組みについて

発表3:住広昭子氏(東京国立博物館学芸企画部情報資料室)
ミュージアム・ライブラリーにおける館蔵文化財情報と文献情報の関連付けについて--東京国立博物館資料館の試み

発表4:グッド長橋広行氏(ピッツバーグ大学図書館)
JALプロジェクト参加者、現場からの報告

講演:長嶋健太郎氏(お茶の水女子大学図書・情報課大学資料担当)
お茶の水女子大学の資料整理について(仮題) 

E2059 - アジア学研究者の研究支援ニーズと大学図書館の役割(米国)

2018年6月,米・Ithaka S+Rが,米国のアジア学研究者の研究活動や支援ニーズについて調査した報告書“Supporting the Changing Research Practices of Asian Studies Scholars”を公開した。調査は2017年・2018年に,11の大学図書館の図書館職員29人からなる研究チームが,研究者169人に半構造化インタビューを実施する手法で行われた。本報告書は,そのインタビューを抽出・分析した結果である。なお,Ithaka S+Rでは,研究支援サービス向上のため,同種の調査を研究分野別に行ってきている(E1380参照)。

韓国・富川上洞図書館内に「沖縄特別館」が開設

2018年9月14日、韓国・京畿道富川市の富川上洞図書館内に「沖縄特別館」が開設されます。

沖縄県・榕樹書林、鳥取県・てぃんさぐぬ花文庫、岡山大学名誉教授・上原兼善氏から同市への、沖縄及び人権・平和研究関連資料6千500冊の寄贈を受けて開設されたものです。

当日は開館式に加え、琉球・沖縄国際学術大会も開催されます。

부천시 보도자료(2018.9.4.)(전체)(부천시,2018/9/4)
https://www.bucheon.go.kr/epubview/epub.jsp?filepath=/board/700&fileid=2539913
※4件目のプレスリリースに「부천 상동도서관 내 오키나와특별관 개관(富川上洞図書館内沖縄特別館開館)」とあります。

ページ