新聞

米・ブリガムヤング大学、女性向け新聞に掲載された広告の画像を検索・閲覧できるデータベースを公開

2021年7月20日、米国のブリガムヤング大学(Brigham Young University:BYU)が、女性向け新聞“Woman's Exponent”に掲載された広告のデジタル化画像を検索・閲覧できるデータベース“Exponent Advertisements”の公開を発表しました。

“Woman's Exponent”は、1872年から1914年にかけてユタ州のソルトレークシティで発行された新聞であり、地域や一般のニュース、家事のコツや教育に関する情報を掲載していました。

データベースでは、約4,000の広告画像について、キーワード等による検索、年・広告を出している事業者・産業ごとにまとめられた画像の閲覧、広告画像数の経年変化を示したグラフの表示といった機能が提供されています。画像はパブリックドメイン、グラフや検索結果等の画像以外のコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BYで公開されています。

ルクセンブルク国立図書館(BnL)、新たなOCRソフトウェアを公開

2021年7月26日、ルクセンブルク国立図書館(BnL)が、人工知能(AI)を活用した、新たなOCRソフトウェア“Nautilus-OCR”をGitHubで公開したと発表しました。

同館は、2006年から光学文字認識(OCR)を利用した歴史的な新聞のデジタル化を行っていますが、紙や印刷の品質・経年劣化等により、文字を正確に認識できなかったと述べられています。今回公開されたソフトウェアは、AIを用いた課題解決を推進する政府のイニシアチブAI4GOVの支援のもと、同館により開発が行われました。

発表によると、“Nautilus-OCR”は、METS/ALTO形式のOCR結果の質向上や通常のOCRエンジンとして利用でき、行の自動特定、フォントの分類、精度向上の予測等のモジュールが含まれています。その他、パブリックドメインの新聞記事を基にした、手書き文字のOCRデータセットや、機械学習モデルも公開されています。オープンソースライセンス“GNU General Public License(GPL)”のバージョン3で提供されています。

岐阜県図書館、所蔵地図展「濃尾震災130周年展示ー地図と写真からみる地震と震災ー」を開催

岐阜県図書館が、2021年7月3日から8月26日まで、所蔵地図展「濃尾震災130周年展示ー地図と写真からみる地震と震災ー」を開催します。

同館では、約15万点の地図および地図関連資料を所蔵し、随時、所蔵する地図を紹介する企画展示を行っていますが、今年が、1891年に発生した濃尾震災から130年目にあたることから、所蔵する濃尾震災関連の地図や写真、新聞記事、書籍等のほか、岐阜県防災課が作製した写真パネル、中越震災・阪神淡路大震災・東日本大震災等に関連する地図や写真を展示するものです。

「濃尾震災130周年展示ー地図と写真からみる地震と震災ー」を開催(岐阜県図書館)
https://www.library.pref.gifu.lg.jp/info-events/2021/06/130.html

北米の研究図書館センター(CRL)、世界の新聞コレクションのデジタル化公開事業“Global Press Archive CRL Alliance”の第2フェーズの開始を発表

2021年5月26日、北米の研究図書館センター(CRL)が、世界の新聞コレクションのデジタル化公開事業“Global Press Archive CRL Alliance”の第2フェーズの開始を発表しています。同事業は、CRLが、East View Information Services社と連携して2019年に開始した事業で、これまで5つのコレクションが公開されています。

2022年中頃までに、アクセスできる新聞を450万ページまで拡大し、そのうち300万ページはオープンアクセスであることを目指しており、2年間の第2フェーズでは、オープンアクセスコンテンツとして200万ページ、会員館のみ利用可能な著作権保護期間中のコンテンツとして100万ページ、のあわせて300万ページが提供される予定です。

対象となるコンテンツは、CRL等で洗い出し、諮問委員会や会員館から選ばれた広範な主題的専門知識を持つ選定チームによって優先順位が決められます。全てのコンテンツは画像および全文テキストで提供され、East View Information Services社のカスタマイズされたGlobal Press Archiveのプラットフォームで公開されます。

ニュースパーク(神奈川県)、企画展「伝える、寄り添う、守る――『3・11』から10年」を開催中

4月24日から9月26日まで、神奈川県のニュースパーク(日本新聞博物館)が、企画展「伝える、寄り添う、守る――『3・11』から10年」を開催しています。

報道、連載・企画、記者の寄稿、写真により、東日本大震災、東京電力福島第一原発事故の被災地の復興や課題、人々の思いを伝えてきた地元紙の活動の紹介が行われます。また熊本地震等、各地で発生した災害への地元紙の対応等の紹介や、過去の事例を基に災害時の情報との向き合い方を考えるコーナーも設けられます。

企画展「伝える、寄り添う、守る――『3・11』から10年」(ニュースパーク)
https://newspark.jp/exhibition/ex000232.html

参考:
ニュースパーク(神奈川県)、緊急企画展「新型コロナと情報とわたしたち」を開催
Posted 2020年7月13日
https://current.ndl.go.jp/node/41493

北米の研究図書館センター(CRL)、East View Information Services社との協力事業の成果として帝政ロシア時代に刊行された新聞のデジタルコレクションを公開

2021年4月20日、北米の研究図書館センター(CRL)は、East View Information Services社との協力プロジェクトの成果として、帝政ロシア時代に刊行された新聞のオープンアクセス(OA)デジタルコレクション“Imperial Russian Newspapers”の公開を発表しました。

“Imperial Russian Newspapers”は、East View Information Services社が推進する新聞のデジタルアーカイブ“Global Press Archive(GPA)”のコレクションに、CRLとの共同プロジェクトによる成果物の第4弾として追加されました。18世紀から20世紀初頭にかけての、モスクワやサンクトペテルブルクで刊行された主要紙に加え、広大なロシア帝国内の地方紙を含む、23万ページ分のコンテンツが含まれています。

これらのコンテンツの多くは、ロシア国立図書館の支援により利用可能となったものと説明されています。また、帝政ロシア時代に刊行された既知の新聞の詳細な書誌情報を含む、2点の電子書籍型式のレファレンスリソースも最終的には含まれる予定としています。

熊本県立図書館、熊本地震に関する展示を実施中

熊本県立図書館が、2016年4月14日および16日に発生した熊本地震から今年で5年を迎えることから、4月の展示として、熊本地震に関する展示を実施しています。

1階子ども図書室では、熊本地震の本や防災の本を集めた「いのちをまもろう くまもとじしんから5ねん」が行われています。

2階第1閲覧室では、熊本地震の被害の大きさがわかる資料や避難所での活動・記録等の資料、復旧・復興の様子がわかる資料に加え、防災・減災に関する資料も展示する「熊本地震から5年」が行われています。

3階第2閲覧室では、同館が所蔵する、熊本地震当時の様子を知る事ができる資料の一部に加え、他県でどのように熊本地震が報道されたかが分かる新聞等を展示する「熊本地震から5年」と、防災に関する雑誌を集めて展示する「防災 熊本地震から5年 東日本大震災から10年」が行われています。

子ども図書室 4月の展示(熊本県立図書館)
https://www2.library.pref.kumamoto.jp/?page_id=409

英国の研究プロジェクト“Living With Machines”開発のツール“Press Picker”のソースコードが公開:英国図書館(BL)所蔵新聞コレクションの概要をタイトル変遷・資料フォーマットの相違に対応して可視化

2021年3月8日、英国図書館(BL)及び英国内の大学・研究機関による共同研究プロジェクト“Living With Machines”は、プロジェクトで開発したツール“Press Picker”のソースコードを公開したことを発表しました。

“Living With Machines”は、第一次産業革命が19世紀を中心に人々へ与えた影響を、データサイエンス・人工知能(AI)・デジタル人文学の方法論を活用して探求する研究プロジェクトとして、2018年に開始しました。英国研究イノベーション機構(UKRI)による5年間の助成の下、BL、及びデータサイエンスとAIの研究機関としてBL内に本部が設置されているアラン・チューリング研究所が中心に取り組んでいます。

同プロジェクトは、BLが所蔵する当時の新聞資料について、デジタル化が未完了の資料群のデジタル化を計画していますが、分量が非常に多い上に、発行時期による頻繁なタイトルの変遷や、資料フォーマット(原紙またはマイクロフィルム)の相違が、全体像の把握を困難としています。“Press Picker”はこのような背景の下、効率的な新聞資料のデジタル化を進めるために、BLの新聞コレクションの概要を把握するツールとして開発されました。

国立国会図書館、「全国新聞総合目録データベース」の提供終了を発表:データは「リサーチ・ナビ」上で公開予定

2021年3月10日、国立国会図書館(NDL)は、これまでNDLサーチを通じて提供していた「全国新聞総合目録データベース」の提供を終了することを発表しました。終了時期は、2021年度第1四半期以降を予定しています。

終了後は、3月31日時点の同データベースのデータを「リサーチ・ナビ」上で公開する予定です。

ニュースの新着情報(NDL)
https://www.ndl.go.jp/jp/news/news_index.html
※2021年3月10日付で「全国新聞総合目録データベースの提供を終了します」と掲載されています。

2021年3月10日 全国新聞総合目録データベースの提供を終了します(NDL)
https://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2020/210310_02.html

福井県立図書館、福井新聞縮刷版巻頭の「記事の見出し一覧(今月の主なニュース)」のデータベースを公開

2021年2月28日、福井県立図書館が、福井新聞縮刷版巻頭の「記事の見出し一覧(今月の主なニュース)」のデータベースを公開しました。福井新聞社からの協力も得ています。

公開範囲は、昭和51(1976)年11月分から平成20(2008)年3月分までで、平成23(2011)年3月分まで随時更新予定としています。

同館ウェブサイトの「ふくいを知る」内の「福井新聞縮刷版『記事の見出し一覧』」ページでPDFファイルとして公開されており、「デジタルアーカイブ福井」内の「詳細検索(新聞記事)」からの記事見出しの検索も可能です。

福井県立図書館 お知らせ
https://www.library-archives.pref.fukui.lg.jp/tosyo/index.html
※2021年02月28日欄に「福井新聞縮刷版 巻頭「記事の見出し一覧」を公開しました」とあります。

ページ